国際ブランドと発行会社の違い

クレジットカードを選ぶ時に良く聞く、VIsaやJCBといった単語。でも楽天カードなどにもVisaやJCBがあるし、どう違うのかわからない。国際ブランドとクレジットカード発行会社と呼ばれるこの2つの違いを詳しく紹介します。

ブランドと発行会社はブランド、イシュアー、アクワイアラーに分けられる

クレジットカードの業界には、大きく分けて3種類の会社が関わっています。

  • ブランド
  • イシュアー
  • アクワイアラー

日本では3つとも行っている会社であったり、3つのうち2つを行っているような所があるので、区別が非常に曖昧です。特にイシュアーやアクワイアラーなどの単語は、普段表に出て来ることがないような単語なので、他のウェブサイトを見ると、曖昧に混ぜて解説されてしまっているので注意です。ここでは、それら3つについて解説していきます。

  • ブランド

    ブランド(Brand)という単語自体は、クレジットカードを発行する際に選ぶものです。なので、一度クレジットカードを発行した事がある人は聞いたことがあるかもしれません。VisaやMasterCardなどの名前がそれにあたります。これらはクレジットカードのルールの策定や、決済システムのプラットフォームを整える会社のことを指します。世界中で利用する事が出来るように作成しているので、日本国内で発行したクレジットカードを海外でも同じように利用することが出来るようになっています。今までは世界で5つブランドが市場をほぼ独占しており、世界5大国際ブランドなどと呼ばれていましたが、最近は中国の中国銀聯(UnionPay)が台頭してきており、6大国際ブランドと呼ばれるようになってきています。下記がその6大ブランドです。

    国際ブランド一覧

  • イシュア

    イシュア(Issuer)とは、クレジットカードを発行しているカード会社の事をさします。クレジットカードを申し込んだりした時に対応してくれる会社や、利用明細が送られてくる会社がここにあたります。イシュアの主な業務内容は、ブランドと変わって、クレジットカードの発行と、クレジットカード会員獲得と管理です。

    国内の主なイシュア一覧

    ここで、イシュアの発行しているクレジットカードの例を一つ下に記します。

    三井住友Visaクラシックカード
    カード名:三井住友Visaクラシックカード
    ブランド:Visa
    イシュアー:三井住友カード

    三井住友Visaクラシックカードはイシュアが単独で発行しているクレジットカードだということがカード名からわかります。イシュアが単独で発行しているクレジットカードの事を、プロパーカードと言います。

    それでは、もう一つ例を出します。

    リクルートカード
    カード名:リクルートカード
    ブランド:JCB
    イシュアー:三菱UFJニコス
    提携会社:リクルート

    このリクルートカードの様に、クレジットカードの運営を三菱UFJニコスが行い、発行を様々な企業や団体と提携して行うカードを「提携カード」と呼びます。

  • アクワイアラ

    クレジットカードの加盟店と、イシュアを繋げる会社をアクワイアラ(Acquirer)と呼びます。国内ではイシュアとアクワイアラの業務を同時に行う会社が多いので、存在が非常に見えにくい存在です。アクワイアラの主な業務は、イシュアはクレジットカードの会員獲得と管理でしたが、こちらは加盟店側の獲得と管理です。何度も出てきているJCBは、実はブランドもイシュアもアクワイアラも、全ての業務を行っている珍しい会社です。

    国内の主なアクワイアラ

ブランドが同じでも、発行会社によって提供されるサービスは変わります。

クレジットカードの決済システムを管理するのがブランド、クレジットカードの発行を、会員獲得を行うのがイシュアだと説明しました。ブランドは決済システムしか管理していないので、それ以外の獲得部分に関しては発行会社の色を強く受けることになります。各クレジットカード発行会社は会員獲得が主な業務の一つですから、より魅力的なサービスを利用することが出来るカードを発行することで新規顧客の獲得を試みるわけです。

では、提携会社を挟むとどういう形になるのでしょうか。実質クレジットカードに関わっている会社はブランド含めて3社に増えるわけですが、提携会社も自社の関わっているクレジットカードを利用してほしい。しかし、イシュアはプロパーカードを利用してもらったほうが取り分が増えるわけですから、出来れば提携会社ではなく自社のみで発行しているクレジットカードが欲しい。でも他のクレジットカードを利用されるくらいなら提携会社の発行しているカードを利用して欲しい。このようなジレンマが生まれます。結論から話すと、提携会社と結託してダブルのサービスを発行する場合と、提携会社にサービスを任せる場合の2いずれかをイシュアは選びます。例えばANA JCB 一般カードは、ANAのサービスを受けることが出来ますが、実はJCBのサービスも一部受けられるようにデザインされているのです。このようなクレジットカードが一番おとくなので、クレジットカードプロではユーザーに一番メリットの有るクレジットカードをおすすめしています。

Topへ戻る