ANAカードのブランド別おすすめカード

ANA(全日本空輸)は、様々なクレジットカード発行会社と提携して多くのクレジットカードをデザインしています。単純に「マイルが貯まるからANAカードをクレジットカードブランドにするところまでは決まったけど、ANAカードも種類が多いからどれを選んだらいいかわからない」なんて方も多いと思います。ここでは、クレジットカードプロがおすすめするブランド別のANAカードを紹介していきます。

ANAカードはどのクレジットカードブランドもマイルを貯める前に一度ポイントを経由します

発行されているANAカードは、どれも必ずクレジットカードを利用することで提携会社のポイントがまず貯まります。提携会社のポイントが貯まってから、それをANAのマイルに還元する事が可能になるわけですが、ANAの発行しているクレジットカードだけあって、各ポイントからの還元率が高いので、「ANAカードはマイルをためやすい」と呼ばれます。

より多くのマイルを貯めるには

マイルの還元コースも実は2種類あり、通常の還元コースと、還元率を倍にすることが出来る10マイルコースというのが用意されています。10マイルコースは年会費が5,000〜6,000円かかるので、普通に使っている方であればあまり恩恵を受けることが出来ないのですが、様々なお支払いをクレジットカードの決済で行っている方であればかなりかなりおすすめです。

1マイル2円で考えると、クレジットカードの利用額がだいたい50万円利用以上の人であれば10マイルコースのほうが特をする計算になります。月額に直すと4万と2千円ちょっと。光熱費と、ネット代、更には携帯料金もクレジットカードで利用すると1人暮らしでだいたい25,000円台になるので、日頃の食事やその他の買物を全てクレジットカードで決済すれば軽く超えることが出来ます。

クレジットカードを利用せずとも、スターアライアンスの加盟航空便をカード決済を利用して発行すると、クレジットカードのポイントを介さず直接マイルを貯めることが出来るので、マイルを貯めたい方には非常におすすめです。

より多くの場所でポイントを貯めるには

より多くの場所でポイントを貯めるには、より多くの場所でポイントを貯めることが出来るクレジットカードを利用する必要があります。ANA系のクレジットカードは通常、クレジットカード発行会社とANAの2社の提携カードなので、、幾つかのクレジットカードは3社で提携をしているので、3社目のクレジットカードを利用せずとも、スターアライアンスの加盟航空便をカード決済を利用して発行すると、クレジットカードのポイントを介さず直接マイルを貯めることが出来るので、マイルを貯めたい方には非常におすすめです。

おすすめしたいANAカードの条件

上記の通りANAカードには、基本的には下記のような方法でしかマイルを貯めることは出来ません。

  1. 1.クレジットカードのブランド会社のポイントが貯まる
  2. 2.貯まったポイントをANAのマイルに交換する
  3. 3.交換したマイルを利用する

これは、全てのANAカードに言えることなので、ここを基準として、下記のようなクレジットカードをポイント・マイルをためやすいクレジットカードと定義することが出来ます。

  • ・ポイントの還元率が高いクレジットカード
  • ・より様々なものにポイントを交換することが出来るクレジットカード
  • ・より多くの場所でポイントが貯まるクレジットカード

ポイントの還元率が高いクレジットカードを利用していれば、1回のクレジットカード利用でより沢山のポイントを貯めることが出来ますし、より様々なものにポイントを交換することが出来れば、クレジットカード利用を通じて貯まったポイントの使い道に困りませんよね。そして今回の特集では、特に3つ目の項目についてフォーカスしてクレジットカードを選定していきたいと思います。

ブランド別おすすめANAカード

ANAカードは上記にも示したとおり、基本的にはブランドのポイントが貯まるクレジットカードです。ブランドによっても貯まるポイントが変わってきたり、還元率が多少なりとも変化したりしますが、ここではラインナップがたくさんある中で、ブランド別のおすすめのクレジットカードを紹介します。

  • VisaのおすすめANAカード - ANA Visa Suicaカード

    ANAカードの中で、Visaブランドのクレジットカードでおすすめのクレジットカードといえば、ANA Visa Suicaカードが真っ先に上がります。ANAカードの中で、年会費が無料のままモバイルSuicaを利用することが出来るのでこのクレジットカードだけです。ちなみに通常であれば年会費1,000円(税抜き)かかります。このクレジットカードは、Suicaと一体化しており、なんとオートチャージにも対応しています。

    更にクレジットカードは、ANAカードなのですが、同時にVisaブランドでもあるので、他のクレジットカードでは行うことが出来ない、「マイ・ペイすリボ」を利用した年会費の割引を行うことが可能です。「マイ・ペイすリボ」に登録して、年に1回でもリボ払いを利用すれば年会費が750円(税抜き)に値下がりします。リボ払いは高額な金利と手数料で有名ですが、この設定を毎月のクレジットカードの利用限度額の上限ギリギリに設定することで回避することが可能です。

    ANA Visa Suicaカード
  • MasterCardのおすすめANAのカード - ANA Top&ClubQ PASMO マスターカード

    MasterCardのブランドで、ANAのクレジットカードを選ぶとしたらこのクレジットカードです。三井住友カード、ANA(全日本空輸)、東急の3社提携のクレジットカードなので、通常利用に加えて、更に東急グループを中心としたTOKYUポイント加盟店で利用するとポイントが追加加算されるMasterCardブランドでおすすめのANAのクレジットカードです。

    TOKYUポイント加盟店で利用すると、三井住友カードが還元している「ワールドプレゼントポイント」に加えて、更に最大10%のTOKYUポイントを付与してもらうことが出来ます。このTOKYUポイントは、1000ポイントを750マイルと非常に有利な還元率でANAのマイルに還元することが可能なので、TOKYUポイント加盟店をよく利用する方にとってはこのクレジットカードの恩恵は凄まじいです。

    PASMO定期券購入やオートチャージでも、通常のクレジットカード利用と全く同じようにワールドプレゼントポイントを貯めることが出来るので、その点に関してもおすすめです。

    ANA Top&ClubQ PASMO マスターカード
Topへ戻る