クレジットカード会社ブランド - DCMXカード(dカード)

DCMXカード(dカード)は、NTTドコモが三井住友カードの株式を当時30%以上も買収して、三井住友カードと共同開発して開始したクレジットカードサービスです。発表当初はDCMXの名前でしたが、2015年4月に名称変更となりました。クレジットカードブランドとしての取り扱いと、NTTドコモの携帯などに付いているおサイフケータイ機能を利用することが出来るサービスとしてのDCMXなど、取り扱いは通常のクレジットカードと比べても当初は幅広かったです。しかし、今ではQUICPayやその他のクレジットカード会社で利用されている電子マネーも存在するので、現在であまり珍しくはありません。

また、余談ですがDCMXは、DoCoMoの頭文字であるDCMとXから成っており、ドコモのクレジットカードサービスが、これからのクレジット業界で大きく羽ばたいていくというい意味でX(未知数)と期待を込められて命名されているようです。

DCMXカード(dカード)の取り扱っている国際ブランド

DCMXカードの取り扱っているクレジットカードの国際ブランドは、下記の通りです。

DCMXカードは、Visaと、MasterCardの2種類の国際ブランドから選択することが可能になっています。世界的に最もシェアのある2大国際ブランドなので、どちらを選択しても問題はないと思われます。特に国内での利用であれば、どちらを選択したとしても日常利用的にはほぼ不自由なくクレジットカードを支払いの際に選択することが可能かと思われます。

DCMXカード(dカード)のクレジットカードのおすすめ利用方法

DCMXカードは、還元率が最大2.0%まで上がる非常に高還元率なクレジットカードです。様々な場所で利用することによってポイントがたまりますし、毎週日曜日はポイント還元率がなんと1.5%まで跳ね上がるのも特徴です。また、ENEOSやBIGECHOなどの店舗で利用する事によって還元率を2.0%まで上げることも可能なので、これらの店舗を利用している方であれば是非とも利用したいクレジットカードです。

更にドコモの携帯電話を利用している方であれば更におすすめしたいクレジットカードになります。なんとDCMXは、最大1万円の携帯補償サービスが付帯しているので、NTTドコモの携帯電話がなんらかの事故で破損してしまっても安心です。こういったケータイ補償は、通常だと月額料金を支払わなければ受けることが出来ないので、DCMXのクレジットカードを持っておくだけでその恩恵を受けることが出来るという点に関しては非常におすすめです。年会費も、毎年1回でもお支払い実績があれば無料になるので、携帯電話のお支払いを指定しておくだけで補償を貰えてしまうとてもおとくなクレジットカードです。

クレジットカード会社ブランド一覧

Topへ戻る