おすすめのクレジットカードブランド

クレジットカードには複数のブランドによる決済システムが存在します。日本国内で強いカード、海外で強いカード、インターネット決済で強いカードなど、用途によってそれぞれのブランドに長所と短所が存在します。では、一体どのブランドがおすすめなのでしょうか。ここでは、用途にあったクレジットカードのブランドを紹介していきます。

利用シーン別!おすすめのブランド

  • 国内利用におすすめのブランドといえばJCB

    国内で強いブランドといえば間違いなくJCBに勝敗が上がります。JCBは(Japan Credit Bureau ジャパンクレジットビューロー)の略で、名前の通り日本初の国際ブランドなんです。なので、国内の加盟店をいち早く開拓していった歴史があり、国内加盟店数は1位といわれているほどです。あまり日本から外に出ない方であれば、JCBのブランドのクレジットカードを1枚持っておくだけでかなりの場所での決済を行うことが出来ます。

    JCB(ジェーシービー)
  • 国内利用のおすすめブランドには、Visaにも勝敗が上がります。

    日本国内で加盟店が多いブランドといえば、Visaも実は多いです。Visaを持っておけば、JCBまでとは言いませんが、かなりの場所でクレジットカードを利用することが出来るでしょう。後述しますが、Visaは海外の利用、とくにアメリカでの利用でかなり便利なので、クレジットカードブランドは、Visaも持っておくこともおすすめします。

    Visa(ビザ)
  • 海外利用・アメリカでおすすめのブランド

    アメリカ発祥のブランドということもあり、アメリカでのクレジットカード利用はVisaがおすすめです。MasterCardやJCBと比べても加盟店数は勝っており、国内利用するのであればJCBをおすすめするように、アメリカでの利用であればVisaをおすすめします。

    Visa(ビザ)
  • 海外利用・ヨーロッパでおすすめのブランド

    ヨーロッパでは、今度はVisaではなくMasterCard(マスターカード)をおすすめします。ヨーロッパの加盟店数はMasterCardが多いようなので、ヨーロッパに出張する際や、旅行でヨーロッパに行く際にはMasterCardのブランドのクレジットカードを持っていくようにしましょう。

    MasterCard(マスターカード)
  • 海外利用・中国でおすすめのブランド

    中国では、中国銀聯が最もおすすめのブランドです。というのも、中国ではVisaやその他の国際ブランドよりも圧倒的に中国銀聯が加盟店を持っており、Visaなどが使えない場所でも中国銀聯は利用することが出来る場合があります。ただし、中国以外の利用で中国銀聯はそこまでシェアを持っているわけではないので、中国に行く方は準備しておく必要があるでしょう。

    クレジットカード発行会社によっては、銀聯カードを追加カードとして発行することが可能です。例えば、三井住友Visaカードは、通常のクレジットカードの申し込みと同時に中国銀聯ブランドのクレジットカードを発行することが可能になっています。

    中国銀聯(UnionPay)
  • 高級店で利用するアメックス・ダイナースクラブのクレジットカード

    アメリカン・エキスプレス(American Express アメックス)、ダイナースクラブ(Diners Club)のクレジットカードは、T&E(Travel and Entertainment)を謳っているクレジットカードなので、通常の場所で決済を行うことが出来ない場合があるようです。ただし、ステータスなカードなので、高級店などで利用することは可能なようです。高級レストランやホテルを予約して支払いをする際にアメックスやダイナースクラブのクレジットカードを渡せば、高級感ただよう雰囲気を出せそうですね。

    アメリカン・エキスプレス(American Express) ダイナースクラブ(Diners Club)

総評・どのクレジットカードブランドがおすすめか

結論としては、各ブランドのクレジットカードを1枚は持っておくことをおすすめします。Visaだけだと使えない場所に行った時に困りますし、JCBだけ持っていると海外の利用で困ってしまう場合があります。複数の国際ブランドを持って用途によって使い分ける事が出来れば、どんな場所でも対応可能です。主に使う予定のブランドのクレジットカード以外は、年会費無料で発行できるものもあるので、いざというときのために持っておくことをおすすめします。

Topへ戻る