国際ブランドの選び方

クレジットカードには、様々なブランドがあります。これはクレジットカード会社ではなく、カードの決済を行うシステムを構築している機構の事を指します。例えば、Visaのマークがついたクレジットカードであれば、Visaが構築している決済システムを通じて決済が行われる仕組みになっているので、全世界でVisaへ加盟している店舗であればどこでもそのシステムを利用することが出来るわけです。

国際ブランドの選び方

ブランド選び方には、様々な方法があります。これといってどれがいいかはありませんが、自分に最もあった選び方で選択するのがベストでしょう。ここではブランドの選び方をいくつか紹介させていただきます。

  • シェアで選ぶ

    結局の所、クレジットカードは決済システムを介して行われる信用取引なので、より世界で利用されているブランドを利用する事がおすすめです。さまざまな場所で利用されていたら、1枚のクレジットカードを持っているだけで事足りますよね。中国銀聯(UnionPay)を入れると、世界で最も利用されているブランドが6つ存在します。その中でも圧倒的なシェアを誇っているのが、1位、2位のVisaとMasterCardです。これら2つのブランドのシェアを合わせると8割強のシェアになりますので、どちらか一つ、特に1位のVisaのブランドのクレジットカードは持っておくことがおすすめです。

  • 地域特化で選ぶ

    世界で最も利用されているクレジットカードブランドは前述したとおり圧倒的なシェアを誇っているVisaですが、世界で最も利用されていても地域によってはより利用されているクレジットカードのブランドがあります。特にいろんな場所に移動することがない場合は、地域特化のブランドを選択しても特に困る事はありません。

    例えば国内中心でクレジットカードの利用を考えている場合は、日本発の国際ブランドであるJCBに旗が上がります。JCBは、国内の加盟店は非常に多いと言われており、更にJCBは国内サービスが充実しているのでおすすめです。

    地域に特化してブランドを選ぶ場合は、どこの利用でどのクレジットカードブランドがおすすめか、は「おすすめのクレジットカードブランド」で紹介しています。

  • 受けることが出来るサービスで選ぶ

    クレジットカードのブランドには、イシュアとしてカード発行も業務として行っているものがあります。発行を行っている会社は会員獲得を行わなければならないのでクレジットカードに付帯するサービスもデザインするのですが、ブランドの利用シーンで特化されている特色を強く受ける形でデザインされることが多いので、サービス面を見てブランドを選ぶこともおすすめです。

    例に上げるとするのであれば、アメリカン・エキスプレスがわかりやすい例です。ステータスカードとして、サービス面も非常に充実した内容のカードを発行することで有名なアメリカン・エキスプレスは、持っているだけで様々なメリットがありますし、実はクレジットカードとして利用しなくても持っているだけで得、なんてこともあります。

複数のクレジットカードを持つと便利

「地域特化もいいけど、もしかしたら旅行にも行くかもしれないし、両方に対応しているクレジットカードブランドは無いのか」そんな方には、クレジットカードを複数持つことをおすすめします。ブランドが異なるクレジットカードを複数持っておくことで、お互いの苦手な部分をカバーすることが出来ますし、より広範囲でクレジットカードを利用する事ができます。年会費無料のクレジットカードを持っておけば複数枚持っていても出費がかさむ事も無いですし、1枚目のカードが利用不可と言われてしまっても2枚目を保険として持っておけば安心です。

Topへ戻る