クレジットカードのブランド 中国銀聯(UnionPay)

中国銀聯(UnionPay)は、中国発のクレジットカードのブランドです。正式名称は中国銀聯股份有限公司で、英語表記はChina UnionPayです。中国政府が指導に入ってシステムを導入し、拡大していった背景があるので、中国本土で高いシェアを誇ります。また、個人の信用度があまり高くない背景があり、クレジットカードの発行よりも、個人の銀行口座から即時決済が出来るデビットカードとしての発行、利用が盛んです。

クレジットカードのブランド 中国銀聯(UnionPay)

UnionPayは決済機構

UnionPayは決済機構であって、クレジットカードを発行している会社ではありません。そして、中国国内ではクレジットカードの決済機構としてではなく、デビットカードとしての認識のほうが高いようです。元々中国の各銀行がそれぞれで決済システムを制作していたところ、互換性の問題が生じてしまったのですが、その当時バラバラだった中国の銀行間の決済システムを中国政府主導の元でまとめ、中国銀聯が実際立ち上がったのは2002年のことです。その後急速に拡大していき、今ではカード決済の売上高世界第3位にまでのし上がるほど普及しています。

UnionPayはデビットカードなのか?

ネットを見ると、クレジットカードではなくデビットカードであるという話が載っています。結論から言うと、UnionPayはクレジットカードの機能を持ったカードと、デビットカードの機能を持ったカードが存在します。中国国内では個人の口座から即時決済されるデビットカードが主流ですが、最近はクレジットカードの方も普及し始めつつ有るようです。しかし、中国から海外に旅行に出る方は、同銀行で別途発行できる他の国際ブランドのクレジットカードを発行しているようなので、銀聯カードを国際ブランドに含めていいものなのかどうかは未だに判断が難しところではあります。ただし、年間決済金額だけで見ると、世界3位にいるので、デビットカードが主だからといって国際ブランドに入れないのは少し違うのかもしれません。

UnionPayのクレジットカードの申し込み方法

日本国内で銀聯カードを単体で発行できるクレジットカード会社は非常に少ないです。「三井住友カード」が発行している通常のクレジットカードに追加カードとして発行申請することが出来る「三井住友銀聯カード」を初めとして、その参加の九州カードから発行されている「九州銀聯カード」、三菱UFJニコスが同じく追加カードとして発行している「銀聯カード」が国内銀行から発行されている主な銀聯カードです。これらは全て追加カードとしての申し込みなので、通常利用するための別のブランドのクレジットカードを申請してからこのカードを発行申請する必要があります。代表的なお申し込み例は、「クレジットカードの申し込み方法」で確認ください。

UnionPayのクレジットカードを利用するには

基本的には、UnionPayのマークがついている場所で利用することが出来るようになっています。外国人観光客が増えてきているので、免税店などでUnionPayのマークをよく見かけるようになりましたね。その他にもイオン銀行とJCBが加盟店とATM業務での提携を発表しているので、イオングループ、例えばセブンイレブンのATMや、JCBのマークがある場所で同じくUnionPayを利用できるようになっているようです。

UnionPayのシェアと売上高

2015年度のザ・ニルソンレポート(The Nilson Report)によると、UnionPayのシェアは現在10%近くで、売上高は197億ドルと発表されています。VisaとMasterCardにつづいて世界第3位の売上高です。元々は5種類の国際ブランドと呼ばれていたのですが、このクレジットカードが台頭してきた事で6種類のブランドとして認識されるようになってきました。

UnionPayの会員数

UnionPayの会員数は正式には公表されていません。2010年のデータは存在しますが、ユーザー数、加盟店共に急激に伸びてきている国際ブランドなので、今ではどれくらいの会員数がいるのかも予想が出来ていないようです。

UnionPayのブランドは中国に強い

UnionPayは、特に中国に強いクレジットカードです。日本発のJCBが日本国内で非常に強いブランドのように、銀聯カードを利用している方が非常に多いようです。これは、現在の中国では元々デビットカードをよく利用している背景があったので、他の国際ブランドがそこまで普及しなかったためです。しかし最近では、国内でも観光客が増えたり、信用を得てクレジットカードを発行できる方が増えてきているので、他のブランドも普及し始めてきているようですが、まだまだ銀聯カードが主流のようなので、中国に行く機会がある方は念のため銀聯カードを発行しておくことをおすすめします。どこの利用でどのクレジットカードブランドがおすすめか、はおすすめのクレジットカードブランドで紹介しています。

クレジットカードブランド一覧

Topへ戻る