クレジットカードのブランド

クレジットカードには、国際ブランドが必ず付いています。VisaやMasterCardといった名前のものがそれに当たります。世界で利用することが出来る5つのブランドに加えて、中国で利用することが出来る銀聯カード(UnionPay)ブランドも含めて紹介していきます。

クレジットカードのブランドとは

クレジットカードのブランドとはずばりなんなのでしょうか。ブランドとは何か、を解説されているサイトも少ないと思います。簡単に申し上げると、ブランドとは、クレジットカードの決済システムを提供している会社の事を指します。

ブランド加盟店では、そのブランドを利用可能

例えば、Visaの加盟店では、Visaを利用することが可能です。

クレジットカードの決済システムを担っているので、例えばVisaのブランドを取り扱っている店舗では、Visaが提供しているクレジットカードの決済システムを利用してクレジットカードを利用可能にしているのです。

イシュアーとアクワイアラーについて

これらのクレジットカードの決済システムを運営している会社を「アクワイアラー(Acquirer)」と呼びます。各ブランドは、世界的にこのシステムを提供しているので、例えば日本で発行したクレジットカードを海外に持っていても海外で同じシステムを利用していれば、国内と同じように利用することが可能になっているのです。

国際ブランドと発行会社の違い

加盟店でなければそのブランドを利用することは出来ません

ブランド毎に利用しているシステムが違うので、例えばある提携店舗でMasterCard(マスターカード)を利用できても、アメリカン・エキスプレス(American Express)を利用できないような事が発生します。

国際ブランドと発行会社の違い

クレジットカードの6大ブランド

今まで世界で利用されている主要なクレジットカードは全部で5種類でした。しかし最近になって新たに6種類目のブランドがシェアを集めています。世界で主要な国際ブランドである、Visa、MasterCard(マスターカード)、アメリカン・エキスプレス(American Express)、Diners Club(ダイナースクラブ)、JCB、中国銀聯(UnionPay)について紹介していきます。

  • Visa(ビザ)

    日本でも、世界でも一番のシェアを誇っているのがVisaです。国内シェアも相当高いですが、世界的に見ても圧倒的なシェアを誇っているのがこのクレジットカードのブランドです。取り扱っている国際ブランドの提携店舗数はその国によって多少なりとも変動はしますが、Visaは中国圏以外ではやはりほぼトップです。

    Visaのシェアは世界一

    日本でもVisaのブランドはかなりのシェアを誇っていて、クレジットカードといえばVisaと言っても過言では無いほどの認知力を持っています。というのも、三井住友カードの前身の住友クレジットサービスが先立ってこのVisaのブランドと提携を組むことを決定して、「三井住友Visaカード」という用に名前にまで入れるほど浸透させた事がその一因なのかもしれませんね。

    Visaはクレジットカード発行会社ではない

    Visaをここで紹介しているということは、Visaはクレジットカードを発行している会社ではないことを指します。Visaはバンク・オブ・アメリカ(Bank of America Corporation)の発行したバンカメリカード(BankAmericard)が前身の、あくまでもブランドであり、クレジットカード会社ではないことに注意です。

    Visaブランドのクレジットカードを発行するには

    では、どうやって各クレジットカード会社がVisaというクレジットカードを発行してるのでしょうか。これは、それぞれの会社がVisaインターナショナル機関に申請を出して、厳密な審査を行い、「Visaマークをクレジットカードにつけても大丈夫」というライセンスを取得することで初めて発行することが可能になっています。三井住友Visaカードやイオンカードは直接ライセンスを取得することができている代表的な国内のクレジットカード会社のうち一つです。

    Visaの基準は非常に厳しい

    ただし、ライセンスの取得には非常に厳しい基準が儲けられており、誰しもがVisaのブランドを利用することが出来るというわけでは無いようです。Visaインターナショナルと直接契約を結ぶことができない会社は、今度、直接契約を結んでいるクレジットカード会社と提携を結ぶことでクレジットカードを発行します。ANAカードなどがそれに当たります。

  • MasterCard(マスターカード)

    Visaカードの対抗馬として生まれた、言わばライバルの様なブランドがマスターカードです。英語での正式な表記は「MasterCard Worldwide」という名前です。一時はコマーシャルなども積極的に行っており、「思い出はPriceless(プライスレス)」のマスターカードのCMは一度は聞いたことがあると思います。マスターカードは元々「マスターチャージ」という名前で、マスターカードに変更されたのもそこまで古くありません。

    マスターカードも決済機構です

    このクレジットカードも決済機構で、MasterCardインターナショナルがMasterCardというブランドのライセンスを発行しています。

    マスターカードのシェアについて

    マスターカードのVisaと並んで非常に多いシェアを誇っており、場所にも寄りますが世界的に見てシェアはおおよそ2位です。国内で見るとVisaの方が強い傾向にありますが、ヨーロッパ方面ではMasterCardのほうが加盟店が多いと言われています。逆に北米(アメリカ)では、Visaのブランドの方が強いと言われています。最近はSquare等の簡単に決済することが出来るサービスが生まれてきたこともあって、ブランドの差がそこまで無いようにも感じますが、実店舗ベースで見るとやはり差は存在するようです。

    マイナーマスター問題(Minor Master Problem)

    昔、MasterCard加盟店でもMasterCardを利用することができない様な事件がありました。これは、マイナーマスター問題と言われて当初話題になりました。これはそれぞれの銀行系のクレジットカード発行会社が独自にシステム開拓を進めてしまったがゆえに互換性が発生してしまったことが要因です。

    問題が生じてしまったので、各クレジットカード発行会社はマスターカード・ジャパンという団体を立ち上げ、そこで各社間のクレジットカード決済を相互にやりとりすることで互換性を高めました。しかし、マスターカード・ジャパンに加盟していないクレジットカード発行会社のシステムは依然として互換性が無く、これらのクレジットカードで決済を行おうとすると依然として利用することができませんでした。これら全てをまとめてマイナーマスター問題とされています。

    現代ではMasterCardの決済は原則として世界でやりとりされているネットワークを通じて決済が行われるため、互換性が無いマスターカードのブランドのクレジットカードは滅多にないのであまり心配する必要が無いようです。しかし、バージョンアップしていない古いタイプの決済システムを利用している店舗に当たった際に利用することができない可能性があります。

    消費者金融も発行することが可能なブランド

    マスターカードは、消費者金融の発行も認めています。なので、アコムのクレジットカードである「アコムACマスターカード」などの、消費者金融が発行しているカードも存在します。但し、元々別々の消費者金融会社から発行されていたクレジットカードは合計4種類ほど存在しましたが、現在ではアコムの発行しているカード1枚しか無く、事実上1枚しか存在しません。

    Visaやその他の国際ブランドは消費者金融のクレジットカードの発行を認めていないので、各ブランドの戦略がここでに垣間見えます。

  • JCB(ジェーシービー)

    一般的にJCBのブランド名で通っていますが、正式には(Japan Credit Bureau ジャパンクレジットビューロー)と言います。その名の通り、日本発の国際ブランドです。日本でも加盟店がかなり多いブランドで、Visaやマスターカードにつづいて利用できる店舗数が多いです。日本初の国際ブランドですが、世界で利用できるクレジットカードのブランドの一つです。

    自社でもクレジットカードを発行している

    JCBはクレジットカードの決済機構なのですが、実は自社でもクレジットカードを発行しています。JCBと言われて、それがブランドの事を指しているのか、それともクレジットカードの発行元を指しているのかをキチンと認識する必要があります。実際クレジットカードの中には、ブランドを区別するためにJCBの名前が入っているものもありますし、JCBのブランドを利用していてもブランド名がクレジットカード名に記載されていないカードも存在します。また、ライセンスを取得した会社もJCBのブランドを利用することが出来るので、その点でも注意が必要です。

    オリエンタルランドの協賛企業

    実はJCB、オリエンタルランドの正式なスポンサー企業です。ですので、JCBのクレジットカードにはディズニー関係のサービスも実は付帯しています。協賛企業なので、JCBの発行しているクレジットカードのカードフェィスにはディズニーを採用することが出来ます。そして実際に「MUFGカード(ディズニー・デザイン)」として発行されているので、ディズニー好きは一度チェックするのもありでしょう。

    海外での加盟店は少ない

    実はJCB、国外ではあまり利用することができないようです。日本人が好んで利用されるクレジットカードのブランドとしての認識は持たれているので、実際に日本人が旅行によく行く観光名所などはJCBを利用することが可能な場合が多いようです。この辺りは、中国人が銀聯カードを好んで利用している点と似ていますね。

    元々JCBのクレジットカードは、T&E(Travel & Entertainment)カードという名前がついていたので、その名の通り旅行と娯楽の場所ではよく開拓されているようですが、それ以外の実用的な場所ではよりシェアがあるVisa等のクレジットカードを所持して出かけたほうが無難かもしれません。

  • アメリカン・エキスプレス(American Express)

    アメリカン・エキスプレスは、通称アメックスと呼ばれており、英語での表記も略してAMEXと記される事があります。自社でもクレジットカードを発呼しており、通常の緑色のクレジットカードでも年会費が非常に高額なため、富裕層向けのクレジットカードとしてのイメージが強いようです。

    自社でもクレジットカードを発行

    アメリカン・エキスプレスは国際ブランドなので、決済機構なのですが、前述したとおり自社でもクレジットカードを発行しています。ただし、JCBと違ってフランチャイズでの発行は無く、解放カードとしての発行のみ認めているようです。

    アメリカン・エキスプレスを安価に所持する方法

    通常は非常に高価な年会費を支払わなければ持てないブランドですが、国内の解放カードには実は安価にこのブランドを持つことが出来ます。「MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス・カード」などがその代表的な例の一つです。海外で利用する上で使い勝手が良いと言われているので、一つ持っておくことを考慮しても良いでしょう。

    JCBと加盟店解放契約

    アメリカン・エキスプレスのブランドのシールを店舗で見かける事は国内生活をしている方であればあまり見たことがないと思います。というのも、アメリカン・エキスプレスは国内ではJCBと加盟店解放契約を結んでいるので、JCBのシールが貼ってある店舗で利用することが出来るのです。但し、これも必ず利用する事ができる保障はできないので、決済システムのアップデートが行われていなさそうな場所に向かった時などには注意が必要です。

    サービスが非常に豊富

    アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、そのサービスの多さが魅力的です。ゴールドカードじゃない通常の緑色のクレジットカードも、ゴールドカードに引けを取らない量と質のサービスが取り揃えられています。では、緑色の通常カードとゴールドカードは変わらないのか気になりますが、ゴールドカードは他のクレジットカード発行会社のプラチナカード並みのサービスを受けることが出来るといっても過言ではありません。非常に多いサービスと、高い質の揃っているクレジットカードを発行しているので、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは富裕層に人気です。

    クレジットカードの最高峰 - センチュリオンカード

    また、アメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカード最高峰のクレジットカードにセンチュリオンカードがあります。このクレジットカードは、年会費がなんと35万円もするので発行が発表された当初話題になりました。この黒色の最高峰のサービスを利用できる黒色のクレジットカードが、ブラックカードの元祖です。

  • ダイナースクラブ(Diners Club)

    ダイナースクラブも、アメリカン・エキスプレスと同じく富裕層向けのクレジットカードといわれています。クレジットカードの決済機関でありながら、自社でも発行を行う会社として有名でした。むしろ、フランチャイズカードや開放カードは存在せず、自社のみでクレジットカードを発行しています。

    入会するための条件が厳しいので、持っているだけでステータスが高いダイナースカードですが、シティバンクに買収されてからは入会条件が少しゆるくなったと言われています。というのも、ステータスを維持するよりも、今はクレジットカードの会員数を伸ばす動きをとっているからだと推測できます。

    JCBと加盟店開放契約

    このクレジットカードブランドも、JCBと加盟店開放契約を結んでいるので、国内でJCBのマークがある場所で利用することが可能といわれています。ただし、アメリカン・エキスプレスと同じくシステムが古い場合は利用することができなかったり、稀に利用している機器が対応していない場合があるので注意が必要です。

  • 中国銀聯(UnionPay)

    中国銀聯(UnionPay)、またの名前をChina UnionPayとは、日本で言うJCB、つまり、中国発のクレジットカードのブランドです。

    厳密にはデビットカードの方が主流です

    厳密にはUnionPayは元々はクレジットカードではなく、中国本土で発行されている銀聯カードはデビットカードの事を指します。中国では、デビットカードをクレジットカードの様に使うことがその背景なのですが、近年チャイナバブルでブランド別の売上高を圧倒的に伸ばしてきているので、近年他の国際ブランドのように取り扱われるようになってきました。

    中国でのシェアは圧倒的

    UnionPayは、中国で圧倒的なシェアを誇ります。運営元の正式名称は、中国銀聯股份有限公司です。日本ではJCBを利用できるところはVisaも利用できる店舗が多いですが、中国ではVisaが使えないようなところでも中国銀聯が発行している銀聯カードを利用することができます。

    中国で便利

    中国本土で発行されている銀聯カードは、クレジットカードではなく、銀行から即時引き落としをされるデビットカードが主に発行されています。個人の信用度が少ない背景があり、即座に支払いを行うことが出来るカードとして中国政府指導のもとで普及させた事がその由来です。中国政府が指導に入って発行しているカードなので、銀聯カードは中国国内ではVisaよりも普及しているブランドで、加盟店もVisaよりも利用できる場所があると言われています。

    中国では、Visaで利用できない所も利用可能な場合があります

    Visaが利用できないところでも銀聯カードを使うことができたりするので、中国への出張が多い方には是非とも取得しておいて欲しいブランドの一つです。また、後述しますが、追加カードとして通常のブランドに加えて銀聯カードを発行することが可能なので、中国に向かわれる方は通常のクレジットカードの追加カードとして持っておくことをおすすめします。

    日本では追加カードとして発行することが可能

    銀聯カードは、クレジットカード発行会社によっては通常のカードに加えて中国銀聯のブランドのカードを家族カードやETCカードと同じように追加カードで発行することが可能になっています。この場合は本土で発行しているデビットカードではなく、クレジットカードとしての発行です。三井住友Visaカードの発行しているクレジットカードがその代表的な例です。国内ではあまり利用する機会は無いのですが、中国によく出張に行く方にはとても便利なブランドです。

おすすめのブランド

おすすめのブランドはケースバイケース

一概にどのクレジットカードがおすすめとは言い切ることは出来ません。例えば国内で利用することを主に考えている方であれば、国内に強いJCBのブランドのクレジットカードをおすすめできますし、アメリカ本土であればVisaを、ヨーロッパによく行かれる方であればMasterCardのブランドがおすすめです。おすすめのクレジットカードブランドで詳しく解説しています。

VisaかMasterCardは1枚持っておく

強いて言うのであれば、VisaとMasterCardのクレジットカードブランドは、その2つを合計するとなんと世界シェアを8割強はカバーすることが出来るので、さまざまな場所で利用することが出来るでしょう。VisaかMasterCardは、どちらか1つは持っておくことをおすすめします。

年会費無料のブランド

今では年会費永年無料のクレジットカードも多数存在するので、クレジットカードプロでは、それらを上手く組み合わせてクレジットカードを複数持つ事をおすすめしています。

学生におすすめのブランド

年会費が無料だったり、様々な場所で利用することが出来たりと、ブランドとクレジットカードの組み合わせの中から学生におすすめのクレジットカードブランドがあります。「学生におすすめのクレジットカードブランド」からご確認下さい。

ブランドの選び方

クレジットカードブランドには、数種類存在することを紹介しました。それぞれの特色があり、それぞれのブランドに良さがあります。そんな国際ブランドの選び方ですが、ブランドから見た選び方を幾つかピックアップしたので、参考にしてみてください。

国際ブランドの選び方

複数のブランドを持つ

クレジットカードは複数枚持っている方が殆どです。2枚目以降のクレジットカードはブランド面も判断材料の一つです。クレジットカードを複数ブランド持つことで、クレジットカードを1枚で持っているよりも便利に活用することが出来るので、選ぶときの参考にして下さい。

ANAカードの場合

ANAカードを選択肢に入れている場合は、これもまたブランド面で大きく変わるクレジットカードの一つなので、サービス面ももちろん、ブランドも見てから判断するようにしましょう。ANAカードのブランド別おすすめクレジットカードでブランドに分けておすすめのクレジットカードを紹介しています。

その他クレジットカード会社ブランド一覧

Topへ戻る