クレジットカードとは

クレジットカード(Credit Card)とは、商品を購入するときの決済する際に選択できる支払い方法の一つ、もしくは、契約者情報(番号やその他)が記録されているカードのことを指します。クレジットカードのクレジット(Credit)とは、「後払い、つけ払い」の事を指しています。その名の通り、クレジットカードを店頭で利用すると、クレジットカード会社がその支払いを自分の代わりに肩代わりしてくれます。逆に、瞬時に支払う事が出来るカードのことは、デビットカードと呼ばれています。

クレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みを説明します。

クレジットカードの利用できるお店を「クレジットカード加盟店」といいます。この加盟店で食事や商品購入の際にクレジットカードを提示すると、カード会社が支払う予定だった金額を肩代わりしてくれます。そして最後に建て替えた金額をカード会社から請求されます。つまり、流れは以下のとおりになります。

  1. クレジットカード会員が、商品をカードで購入します。

    消費者はこの地点で商品を手に入れることができますが、お金はまだ支払っていません。

  2. クレジットカード会社が、会員の購入代金を肩代わりします。

    この時に、お店はクレジットカード会員の支払う予定だった金額を得ます。クレジットカード会社には、支払った代金の数%を手数料として収めます。

  3. クレジットカード会社が、建て替えた金額を会員の指定した銀行口座から引き落とされます。

    指定口座に残高がなければ、クレジットカード会員へ連絡がいきます。

クレジットカード会員は、なぜカード会社に立て替えてもらうことが可能なのでしょうか。これはクレジットカード会員の持つ「信用」がそれに当たります。

  • 建て替えた金額を毎月ちゃんと支払っているか(銀行から引き落とすことが可能か)
  • 口座に貯金されている金額は、支払うことが可能な金額分貯金されているか
  • 務めている会社の給料はクレジットカードの建て替え代金を賄うことが出来る金額が支払われているか

これらは代表的な基準に過ぎませんが、これらの基準を元にクレジットカード会社はその人が自社のクレジットカードを発行しても大丈夫かどうかを決めています。よりグレードの高いクレジットカードになればなるほど、信用が必要になります。特に3項目の内1番の「毎月きちんと支払えているかどうか」の基準を「クレヒス」、クレジットヒストリーと言います。

Topへ戻る