ブラックカード

クレジットカードの最高峰のカードと言われているブラックカード。そんなブラックカードについての情報をまとめました。

ブラックカードの紹介

ブラックカードとは、クレジットカードの種類のうち一つで、ゴールド、プラチナに続く最上位のグレードに位置付けられるクレジットカードの通称です。ここでは、ブラックカードについて紹介していきます。

ブラックカードとは

クレジットカードには、得ることが出来るサービスの質や寮に応じてグレードというものが存在します。例えば、一番普通の年会費も無料に近いクレジットカードは、ノーマルカードや、通常カードなどと呼ばれ、受けることが出来るサービスもあまり多くありません。但し、最近はポイントによる還元率の高さなどを謳ったクレジットカードが人気で、今現在発行されているクレジットカードのうち、かなりの数がこの一般カードです。

このノーマルグレードのクレジットカードからすこしグレードアップして、支払う年会費を上げると、ミドルグレードのクレジットカードを申請することが可能になります。ミドルクラスのクレジットカードの申請が通って見事入会することが出来ると、ショッピング利用金額の上限も上がり、付帯している保証金も上がり、更に受けることが出来るサービスの質と量が上がります。但し、ミドルグレードはその名の通り中間に位置するクレジットカードなのでまだまだ受けることが出来るサービスは充実したものではありません。

更に年会費を挙げると、今度はゴールドカードと呼ばれるクレジットカードを申請することが出来ます。この辺りからクレジットカードの発行に審査が必要になる場合があり、「クレジットカードをある一定の期間、ある一定の金額で利用し続けて、更に支払いの延滞をしたことがない人」などの非公開の条件が存在し、ゴールドカードから通常の人では申請しても発行することが出来ないクレジットカードになってきます。申請の条件が必要になってくるクレジットカードだけ合って、年会費も1万円台〜3万円とかなり高額になってきます。その分受けることが出来るサービスは上質なものが揃っており、サービスの量についつい口角が上がってしまうくらいの良いクレジットカードです。カードフェイス(クレジットカードの表面)も金色のデザインのものが多く、一目見ただけでその人が持っているのがゴールドカードだとわかるような仕様になっています。

そして、その次に来るのが、プラチナカードと呼ばれるクレジットカードで、ゴールドカードよりもさらに上質なサービスを揃えたクレジットカードです。プラチナカード会員のグレードから、専用デスクサービスが充実します。通常であれば取ることが出来ないようなチケットや招待状も、プラチナカード会員であればデスクに電話することでそれらを可能にすることが出来る可能性があります。電話一本で様々予約をすることが可能になったりと、まるで秘書を一人持ったような感覚を得ることが出来るクレジットカード、それがプラチナカードです。デスクでチケットやホテル、タクシーの予約だけでなく、飛行機の旅行をする際も、一般の方では入ることが出来ない空港ラウンジに入ることが出来ない「プライオリティパス」などが無料で発行されたりと、上質なサービスが付帯しています。もちろんプラチナカードは通常のゴールドカードよりもさらに厳しい入会条件が儲けられており、入会することが出来る人も限られています。入会した後も、クレジットカードの年会費として支払わなければならない金額がかなり高いものになってきます。そしてこの、聞いているだけでお腹がいっぱいになりそうなサービスが沢山付いているプラチナカードの上のクレジットカードという意味で作られたのが、ブラックカードと呼ばれる「カードフェイスが黒い」クレジットカードです。また、一部プラチナカードもそのスペックの高さからブラックカードとも呼ばれています。「ダイナースクラブ プレミアムカード」もその内一つです。

ブラックカードは、クレジットカードにおけるこれらのグレードの最上位に位置するカードの事を指し、もちろんブラックカードを持っている方はほんの一握りの方に限られます。「ステータスカード」の中でも頂点に位置するこのクレジットカードは、入会審査が非常に厳しく、ゴールドカード比ではないので、まずその審査に合格することが難しいのです。また、ブラックカードの中には入会申請を自分から行うのではなく、クレジットカード会社から招待されることで初めて入会することが出来るブラックカードも少なくなく、入会する条件の厳しさから「幻のクレジットカード」なんて呼ばれることもあります。入会した後も毎月支払わないといけない年会費も通常のクレジットカードの比にならず、数十万円のものが一般的とされています。金額が高いのは勿論、そのサービスの質にもかなりこだわっているものが多く、通常のクレジットカードのモノを遥かに凌駕しています。ショッピング利用額の上限や補償額もかなり高い上限が設定されており、「クレジットカードの利用額の上限ももしかしたら存在しないのでは」なんて噂も有るほどです。もちろんその入会条件の厳しさで入会することが出来ている人の年齢も30代後半の方が多いとか。入会条件も公開されていないので、かなり謎に包まれているクレジットカードです。ちなみにクレジットカード名は「〜ブラックカード」という名称ではなく、各々の名前は別にありますので、「ブラックカード」という名称のクレジットカードは一般的には存在しません。

ブラックカードの由来

ブラックカードは、元々はアメリカン・エキスプレス(アメックス)が最上位のクレジットカードと称してセンチュリオンカードというクレジットカードの発行を開始しました。センチュリオンカードは今までのクレジットカードよりも遥かに高い年会費で当時話題を産みましたが、何よりも話題になったのはそのクレジットカードに付帯しているサービスの質と量でした。このブラックカードの元祖とも呼べるセンチュリオンカードは、入会するとクレジットカードを持っている方に専属のコンシェルジュ(専任担当者)がサポートに入ってくれます。コンシェルジュは、ありとあらゆるクレジットカード入会会員の要望に対応してもらうことが可能で、基本的に何でも対応してくれると言われています。どんなことも対応してくれるコンシェルジュが一人付いていると考えると、当初騒がれていた30万円オーバーの年会費もあまり高くないように思えます。

そして一躍有名になったこのアメリカン・エキスプレスのセンチュリオンカードに便乗して、各クレジットカード会社も同じように現在発行している「プラチナカード以上のクレジットカード」として黒色のクレジットカードをデザインし、発行し始めました。これがブラックカードの始まりです。

ブラックカードの会員数

ブラックカードの会員数は非常に少ないと言われています。はっきりとした数字はあまり公開されていないようですが、1つのデザインされたブラックカードにつきだいたい5千人〜3万人がそのクレジットカードを保有していると言われています。各クレジットカードの発行枚数がだいたい1,000万枚と言われているので、およそ全体の5%も満たない数がブラックカードを保有していることになります。また、今は不景気で、ブラックカードを保有している会員数も減少していると言われています。更に少ない人数になってしまっていると考えると、ブラックカードを持つことがどれだけステータスなのかを知ることが出来ます。

20代でブラックカードを手に入れることは可能か

ブラックカードの一つ下のグレードのクレジットカード、プラチナカードには、会員入会の条件として30歳以上であることが明確に提示されています。これだけ見ると、20代でブラックカードなどのステータスカードを持つことはまず不可能だと思えてくるのですが、ネット上には実際にブラックカードのインビテーション(招待)を受けることが出来た人がいました。20代で得ることが出来ているのかいないのかは定かではありませんが、他の情報と組み合わせて分析すると、ブラックカードを持つことは下記の項目が重要になってくるようです。

  • クレジットカードの利用歴
  • クレジットカードの利用額
  • クレジットカードの支払い延滞
  • 銀行に保有している貯金残高
  • 年収

ブラックカードの特徴

ブラックカードの特徴は、どんなものがあるのでしょうか。ここではブラックカードの特徴について紹介していきます。

ブラックカードの色

ブラックカードの色は、総じて黒に近い暗い色で統一されています。ブラックというだけあって、名前の通り黒いです。ゴールドカードの色が殆ど金色のクレジットカードが多いように、ブラックカードの色も黒いものが多いです。もともとは一目見てわかるようにブラックカードを黒いクレジットカードにしたそうですが、ブラックカードに憧れを抱いて、一般カードと呼ばれる最下位のグレードのクレジットカードの中にも、ブラックカードのように黒くて文字等の装飾が殆ど行われていないようなカードフェイスのものが発行されるようになり、パッと見だけではどれが本当にブラックカードなのかはわからなくなりましら。唯一判別する上で判断の一つとして挙げることが出来るのは、通常のクレジットカードよりも「光る」ようにホログラムが沢山カードフェイスに設定されているということです。

ブラックカードの利用額の上限

一般的にクレジットカードには、利用額に上限がついています。例えば一般カードと呼ばれるクレジットカードは50万円や100万円の利用上限があり、これがゴールドカードになると300万円ほどの上限になります。ブラックカードの場合は、2種類存在します。

  • 上限が非常に高い金額に設定されているもの
  • 上限が無いもの

ブラックカードのサービス

ブラックカードのサービスは、通常のクレジットカードと比べても遥かに抜きん出たものがあります。非公式で公開されているものの中でも、飛行機のチャーター、ホテルのスイートへの無料アップグレード、VIP限定のショーへの招待など、その恩恵は計り知れません。更になんといっても凄いのは、入会したブラックカードによって異なりますが、専用コンシェルジュが24時間対応してくれるという点です。このコンシェルジュは、基本的にNOを言わないと言われており、所持しているブラックカードを利用して様々な事が出来ると言われています。誕生日や記念日に友人に即座にプレゼントを送付から、入手困難と言われているチケットの送付まで、何からなにまで電話一本で対応してくれることが可能です。これも、クレジットカードの最高峰と呼ばれているブラックカードならではのサービスと言えましょう。

ブラックカードの年経費

ブラックカードの年会費は、一概には言えませんが非常に高額なものが殆どです。中には数万円で維持することが出来るブラックカードも存在すれば、毎年年会費だけで数十万必要になってくるクレジットカードも存在します。中でも一番年会費がかかると言われているブラックカードは、元祖ブラックカードの「アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード」です。その年会費、なんと30万円超えの35万円。なぜこんなにもブラックカードの年会費は高額なのか。その秘密はサービスにあります。センチュリオンカードは、24時間対応してくれる専属のコンシェルジュサービスを受けることが可能になっています。24時間対応可能な秘書を年間35万円で雇うことが出来ると考えると、むしろかなりお得なサービスに思えます。

ブラックカードの国際ブランド

ブラックカードの元祖はセンチュリオンカードですが、今では模倣されて様々な国際ブランドからブラックカードが発行されています。名前も内容も全て違いますが、それぞれブラックカードの名に恥じぬくらいの高いサービスと、気品のあるカードフェイスでデザインされています。ちなみに発行している国際ブランドは下記が一覧になります。

ブラックカードでできること

ブラックカードは結局のところあくまでもクレジットカードなので、基本的な利用方法としては他のクレジットカードと同じくショッピングやお食事の支払いの際の決済時に利用します。ブラックカードを特別にするのは、付帯しているサービスにあります。サービスを通じて、何かを予約したり、事前に支払っておく際に通常のクレジットカードとは違って、専門コンシェルジュが決済を代わりに行ってくれるので、手間を省いてくれるという点で特別なのです。

ブラックカードの取得方法

ブラックカードの取得方法は、2種類あると言われています。

  • 個人からブラックカードを申請する。
  • クレジットカード会社からインビテーション(招待)がある

ハイランクのクレジットカードになればなるほど審査が厳しくなってくるので、プラチナカードが非常に審査が厳しいと言われていることから予測するに、ブラックカードも相当審査が厳しい事が予想できます。ブラックカードの一つにJCBカードの「JCB THE CLASS(ザ・クラス)」があります。このクレジットカードは、現在はクレジットカード会社からの招待制になってしまっていますが、個人から申告する事が出来た時代の申請条件を一例として掲載したいと思います。

JCB THE CLASSの入会条件

  • JCB会員では無い人
    • 年齢40歳以上
    • 自家保有
    • 年収1,500万円以上
    • 資本金5,000万円以上の企業に10年連続勤務
    • 役職が役員・管理職の方
  • JCB会員の人
    • 年齢40歳以上
    • 年収1,200万円以上
    • 企業に10年連続勤務
    • 役職が役員・管理職の方
    • JCB入会歴が3年以上
    • 年間100万円以上のクレジットカード利用実績が2年以上
    • JCB会員規約を遵守している方

他のクレジットカードでも言えることですが、その会社のクレジットカードを保有しているということが条件緩和の一つになっているようです。特に入手困難と言われているクレジットカードのインビテーションは、取得した方はだいたいそのブラックカードの下のグレードのクレジットカードを保有している方が多数を占めます。

なぜ下のグレードのクレジットカードを保有している方の方がブラックカードを入手しやすいのか。これはそのクレジットカード会社が保有している個人の情報の量が増えるからだと推測できます。支払い履歴がクレジットカード会社の手元にあって、延滞していることも無い情報も手元にあり、継続してかなりの金額を利用してもらっている。そんなお客様にブラックカードのインビテーションを郵送するのでしょう。

Topへ戻る