クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方は簡単なので、さほど難しくありません。簡単に言ってしまうと、加盟店での支払いの時にクレジットカードを見せて、後は店員が行ってくれます。しかし、支払いを利用できるようにするまでいくつか行わなければならないことがあるので、ここではその基本について紹介していきます。

クレジットカードを使う前に裏面にサインを記入する

クレジットカードを実際に利用し始める前に、発行したクレジットカードの裏面に名前を記入する必要があります。この名前を記入してないと、クレジットカード発行会社の保障を受けることができない状態のままになってしまいます。署名は実際にクレジット決済を行った時に必要になる場合があるので、以下の点に注意して記入しましょう

  • サインは単純すぎず、模倣されにくいか
  • 暗記していて、見ずに書くことが出来るか

尚、クレジットカード会員の名前と関連があるかどうかですが、この点は特に指定はないようです。上記の2点を踏まえた上で、自身にとって書きやすいサインを記入しておきましょう。

クレジットカードの使い方・お店編

クレジットカードを利用するにあたって、オフラインでの使い方と、オンラインでの使い方があります。ここでは、実際の店舗での使い方について紹介します。

  1. クレジットカードで支払うことが出来るかを確認する

    クレジットカードで支払うことが出来る場合は、お店のレジ前であったり、お店の入り口のガラスに取り扱っているクレジットカードの国際ブランドの提示があります。提示がない場合はクレジットカードを利用できない場合がありますし、提示が無くても利用できる場合があります。

    一番手っ取り早いのは、そのお店の店員にクレジットカードを利用できるかできないかを聞いてみることです。提示がなくても利用できる国際ブランドがあるかもしれないので、一重に店前の提示だけで信じてはいけません。現金が必要になってくる可能性があるので、かならず確認するようにしましょう。

  2. クレジットカードを店員に渡す

    クレジットカードを利用することが可能な場合は、支払いの際に店員にクレジットカードを渡してカード決済を行う旨を伝えましょう。渡した後は、更に支払い方法を伝える必要があります。

  3. クレジットカードの支払い方法を伝える。

    クレジットカードを店員に伝えた後は、支払い方法について伝えます。様々な支払い方法が用意されており、クレジットカード会社によっても変わってくるので、ここでは代表的な支払い方法を紹介します。特に何も伝えなければ、一括払いで支払うことを暗喩していることになります。

    • 一括支払い
    • 分割支払い
    • リボルビング払い
    • ボーナス一括払い
  4. 暗証番号を入力する

    3万円以上の金額のクレジットカード払いの際や、国外の地域によっては事前に申請した4桁の暗証番号の入力を求められる事があります。他人に見られないように暗証番号を入力しましょう。

    暗証番号の入力を3回間違えると、そのクレジットカードは利用制限(ロック)がかかり支払うことができなくなります。ロックがかかってしまった場合、カード会社に連絡し新たにクレジットカードを発行する必要がありますので注意しましょう。

  5. 支払い金額が記載された伝票にサインする

    クレジットカード会社がかわりに建て替えてくれた金額について、相違ないかを伝票で確認します。相違ない場合は、伝票にサインをします。

  6. 伝票の控えと、クレジットカードを受け取る。

    最近したものを店員に渡した後は、伝票の控えと、クレジットカードを返してもらいます。控えとクレジットカードを返してもらったら、一連の流れはここで終了です。

クレジットカードの使い方・ネット編

クレジットカードを利用するにあたって、オフラインでの使い方と、オンラインでの使い方があります。ここでは、実際のオンラインでの使い方について紹介します。

  • 決済方法でクレジットカードを選択する

    自分の購入するものが決まったら、カートに入れて、支払い方法を求められたら、クレジットカードで支払う事を選択しましょう。

  • クレジットカードの番号を入力する

    クレジットカードで支払うことを選択したら、次は利用するカードの番号を入力します。入力しなければならない項目は複数あり、1つでも間違えてしまうと支払いを完了することができないので注意が必要です。

    • クレジットカード番号
    • 有効期限(月・年)
    • クレジットカード会員の名前
    • クレジットカード会員の生年月日
  • セキュリティーコードを入力する

    クレジットカードの情報の入力が終わったら、裏面に記載されているセキュリティーコードの入力を求められる可能性があります。セキュリティーコードは、クレジットカードの裏面にある、7桁ほどの数字の右側の数字です。この数字が他人にバレてしまうと、勝手に利用されてしまう可能性があるので注意しましょう

  • 決済内容を確認し、購入確定ボタンを押す。

    入力が終わったら、最後に購入内容について確認をして、購入確定ボタンを押しましょう。購入確定ボタンを押さなければクレジットカードで決済されることは無いので、ここで支払う金額等について最終チェックをするように心がけましょう。

Topへ戻る