クレジットカードのセキュリティコード

クレジットカードのセキュリティコードとは、クレジットカードの裏面にある番号のうち、1番最後の3桁〜4桁の数字のことをいいます。ここではクレジットカードのセキュリティーコードについて詳しく解説します。

クレジットカード・セキュリティコードとは

冒頭でも説明した通り、クレジットカードのセキュリティコードとは、クレジットカードの裏面にある番号のうち、1番最後の3桁〜4桁の数字のことをいいます。オンラインでクレジットカードの決済を行う際にクレジットカード番号とは別に入力することで、不正使用のリスクを減らそうとするものです。

通常このセキュリティーコードは、オンライン上で決済する時に入力したり、店頭で決済を行ったりしたとしても、利用伝票や明細書に記載されることがない番号です。ですので、利用伝票や明細書を第三者が不正に入手されたとしても、セキュリティコードだけは入手することができません。つまり、実際にクレジットカードの裏面を見たことがある人でないと入力することができないので、不正利用対策を高めることができるのです。

クレジットカード・セキュリティコードの位置

クレジットカードのセキュリティーコードの記載されている位置は、国際ブランドによって若干異なります。セキュリティコードはクレジットカードのどこかに記載されているものなので、表面か、裏面かどちらかに記載されています。

  • 国際ブランドがVisa、MasterCard、JCBのクレジットカード

    国際ブランドがVisa、MasterCard(マスターカード)、JCBのクレジットカードは、セキュリティーコードがクレジットカードの裏面に記載されています。クレジットカードの裏面の署名欄に記載されている番号の羅列の、1番最後の区切りの3桁の番号がセキュリティコードです。

    クレジットカードのセキュリティーコードには、表面のクレジットカード番号のように、発行者識別番号等が含まれていないので、番号だけでどの国際ブランドが発行しているクレジットカードなのかを確認することができません。Visa、MasterCard、JCBいずれもセキュリティーコードは3桁ですが、この数字3つだけではどのブランドかを断定することは不可能です。

    これはマメ知識ですが、クレジットカードの国際ブランドによって、セキュリティコードの名称が若干違います。VisaのセキュリティーコードはCVV2(Card Verification Value)、MasterCardのセキュリティーコードはCVC2(Card Validation Code)と言われています。

  • 国際ブランドがAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカード

    国際ブランドがAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)のクレジットカードは、セキュリティーコードがクレジットカードの表面、クレジットカード番号の右上に記載されています。セキュリティーコードの桁数は4桁です。

    American Expressだけは、クレジットカードのセキュリティーコードが表面に記載されています。他の国際ブランドのクレジットカードは裏面まで見ないと刺激コードが載っていないので、裏面まで盗撮する必要がありますが、American Expressはクレジットカードの表面を第三者に盗撮されてしまうと、それだけで悪用されてしまう可能性があるので注意してください。

    American ExpressのクレジットカードのセキュリティーコードはCID(Card Identification Number)と呼ばれています。

  • 国際ブランドがDiners Club(ダイナースクラブ)のクレジットカード

    国際ブランドがダイナースクラブのクレジットカードは、セキュリティコードがクレジットカードの裏面に記載されています。VisaやMasterCardと同じく3桁で、セキュリティコードが書かれている位置もほとんど同じです。

クレジットカード・セキュリティコードで注意すること

一見安全そうに見えるこのクレジットカードのセキュリティーコードですが、注意しなければならない点がいくつかあります。下記のような点に注意しましょう。

  • セキュリティーコードは他人に見られないようにしましょう。

    クレジットカードのセキュリティーコードは、利用伝票や明細書に記載されることがないので、クレジットカード自体が他人に見られない限りは、セキュリティーコードは他人に知られることがありません。

    オンラインで入力されたセキュリティーコードも、加盟店側がそのクレジットカードの有効性を確認できたら、セキュリティコードのデータを削除するように義務付けられています。仮に加盟店側がハッキングされてクレジットカードの情報が生まれたとしても、セキュリティーコードだけは残らないようになっています。

    セキュリティーコードがあることによってクレジットカードの不正利用のリスクが軽減されていますが、逆に言えば他人このクレジットカードのセキュリティーコードを入手されてしまった場合は、オンライン上ではまるで本認可のようにクレジットカードを利用することができてしまいます。レジットカードのセキュリティーコードは他人に見られないように管理しましょう。

  • フィッシング詐欺に特に気をつけましょう。

    クレジットカードをオンラインで利用する時は特にフィッシング詐欺に気をつけましょう。

    上記で書いたとおり、セキュリティーコードは加盟店側にもデータが残らないように義務づけられているので、加盟店側がハッキングされてもセキュリティーコードは入手することができないようになっています。

    フィッシング詐欺ではクレジットカード番号に加えてセキュリティーコードも入力を求められます。フィッシングサイトでセキュリティコードを入力してしまうと、クレジットカードの情報だけでなくセキュリティーコードまで第三者に渡ってしまうので、簡単に不正利用されてしまう可能性があります。オンライン上でクレジットカードを利用する時は特に注意しましょう。

Topへ戻る