ANA ダイナースカードは学生におすすめのクレジットカードなのか!?

ANA ダイナースカードは、全日本空輸(ANA)と、ダイナーズクラブとの提携クレジットカードで、家族の方も契約することの出来るクレジットカードです。ここではANA ダイナースカードが学生におすすめなのかを紹介していきます。

ANA ダイナースカードのクレジットカード概要

ANA ダイナースカードは、全日本空輸(ANA)と、ダイナーズクラブとの提携クレジットカードで、家族の方も契約することの出来るクレジットカードです。あのステータス抜群のダイナースクラブが発行しているANAカードですので、なんとクレジットカードの利用限度額がありません。持っているだけでステイタスなこのカードは、やはりクレジットカードを利用するシーンが多い方であれば手に入れたい1枚です。

更に、無料の「ANAカードファミリーマイル」に登録すれば、家族のマイルを合わせて旅行に出掛けることもできちゃうとてもお得なクレジットカードです。

ANA ダイナースカードで貯まるポイント概要

このクレジットカードのポイントですが、クレジットカードのご利用金額100円ごとに「ダイナースクラブ リワードポイント」が1ポイント、ダイナースクラブ リワードプログラムによって貯まります。このポイントは1ポイント1マイルに移行するか、ポイントのまま貯めてダイナースクラブが厳選しているポイント専用サイトから厳選の賞品と交換することもできます。

ポイントはこの「ダイナースクラブ リワードポイント」以外にANAのマイルが貯まりますが、それ以外にもポイントを得ることが出来るキャンペーンを結構頻繁に行っているので、そのキャンペーンを介してポイントを更に入手出来ます。このキャンペーンで獲得できたポイントもマイルに全て移行する事が出来るので、実はANA ダイナースカードはポイント還元率が結構高いクレジットカードです。

最近は「ダイナースクラブ リワードポイント」は電子クーポンである「ANA SKY コイン」へシティカード オンラインから移行することも出来るようになったので、より高還元率を求めるのであればコチラの「ANA SKY コイン」への移行をおすすめします。

ANA ダイナースカードで貯まるマイル概要

ANA ダイナースカードはご旅行はもちろん、ショッピングやお食事等の多彩なシーンでご利用すると、100円毎に1ポイント貯まります。貯まったポイントはいつでもANAマイレージクラブのマイルに移行することが可能です。

通常の他のANAカードであれば、独自ポイントからANAのマイレージクラブへのポイント移行は年会費や手数料がかかりますが、ANA ダイナースカードは完全無料で移行することが出来ます。更に、ポイントの有効期限は無期限なので、ポイント失効の心配はありません。

おすすめの使い方としては、直ぐにマイルに移行しなくても、そのまま「ダイナースクラブ リワードポイント」として貯めておいて、貯まった時にマイルに移行していただければポイント失効の恐れはありません。コンビニなど全国約255,000ヵ所以上で使える電子マネーのEdyを使用していただければ、更に200円の使用毎に1ポイント貯まりますので、速度を気にした普段の利用ではクレジットカードに付いているEdy機能もおすすめです。

ANA ダイナースカードの年会費概要

ANA ダイナースカードの年会費は初年度、二年目以降共に年会費27,000円かかります。他のJCBやVISA/Masterカードと比べて割高ですが、27,000円出す価値があるクレジットカードです。サービス部分で詳しくご案内していきます。

更に、無料の「ANAカードファミリーマイル」に登録すれば、家族のマイルを合わせて旅行に出掛けることもできちゃうとてもお得なクレジットカードです。

ANA ダイナースカードのポイント・マイルについて

  • ANA ダイナースカードなら「ANAカードマイルプラス」でマイルもポイントも獲得できます

    ANA ダイナースカードをANAカードマイルプラス提携店で利用、または対象商品を購入をすることで、「ダイナースクラブ リワードポイント」とは別にマイルも自動積算されるのでお得です。ANAカードマイルプラス提携店・対象商品では、店舗や商品によって異なりますが、ご利用金額の100円・200円(税込)につき1マイルをポイントとは別にマイルが積算されます。

  • ANA ダイナースカードはフライトボーナスマイルでもお得になります

    ANA ダイナースカードを所持していれば、ANAグループ便やスターアライアンスメンバーはもちろん、世界中のANAマイレージクラブ提携航空会社便を利用することでマイルがよりお得に貯まっていきます。ANA ダイナースカードを使用すれば、ANAグループ便を利用することで通常のフライトマイルに加えて、更にご搭乗ごとにボーナスマイル(区間基本マイレージの+25%) のマイレージプレゼントがもらえちゃいます。

  • ANA ダイナースカードは入会時、ご継続時にボーナスマイルが貰えます

    ANA ダイナースカードは入会時にもれなく2,000マイルをプレゼントされます。さらに、毎年このクレジットカードをご継続いただけば、毎年更に継続ボーナスポイントとして2,000マイルがマイレージプレゼントされるので、年会費が多少還元されてお得になります。これはダイナースカードに限らず、他のJCBやVISA/Masterカードも同じポイント量なので、ここの部分ではあまりお得感は無いかもしれません。

  • ANA ダイナースカードを使用して貯まったポイントはANA特典航空券やアイテムと交換できます。

    ANA ダイナースカードでポイントを貯めてそれを移行した際に、例えば7,500マイル貯まればANAグループ便および、スターアライアンスメンバーを含んだANAマイレージクラブ提携航空会社便の特典航空券に交換することが出来ちゃいます。この貯まったマイルの活用方法は、フライト時の割引だけでなく、アメリカン・エキスプレスが厳選している、500種類以上のバラエティ豊かな商品やアイテムとの交換も可能なのです。それ以外にも、電子クーポンの「ANA SKY コイン」に移行することで搭乗券などをよりお得に入手することも出来ますし、そのまま「ダイナースクラブ リワードポイント」として保持しておいて、ポイントのまま貯めてダイナースクラブが厳選しているポイント専用サイトから厳選の賞品と交換することもできます。

ANA ダイナースカード支払い方法

ANAのクレジットカードの支払い方法は複数ありますが、それぞれのクレジットカード会社によって変わります。ここでは、どんな支払い方法があるか見てみましょう。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
  • ボーナス一括払い

ANA ダイナースカードの年会費

本会員

初年度
27,000円(税抜き)
二年目以降
27,000円(税抜き)

家族

初年度
6,000円(税抜き)
二年目以降
6,000円(税抜き)

ANA ダイナースカードの関連カードについて

ANAのクレジットカードには、他のクレジットカードと同様、家族カードとETCカードを同時に入会することが可能です。ビジネスで利用することが出来るビジネス・アカウントカードを発行できるのも強みの一つです。尚、ダイナースカードは基本的にステータスカードなので、学生専用のクレジットカードは存在しません。

  • 家族カード
  • ETCカード
  • ビジネス・アカウントカード

ANA ダイナースカードのお得なオリジナル特典

  • ANA ダイナースカードは空港ラウンジが使えます。

    ANA ダイナースカードが空港ラウンジが使えます。ANA Loungeとは異なるラウンジですが、ダイナースクラブが発行しているカードにふさわしいラウンジが世界100ヵ国450ヶ所以上の空港ラウンジを利用可能です。JCBやVISA/Masterカードでは、ゴールドカードなどのステイタスカードでないと空港ラウンジに入る事が出来ない場所なので、搭乗の前にお時間が有る際は、是非利用したいです。

  • ANA ダイナースカードはANAスキップサービスで素早くチェックインすることが出来ます。

    ANA ダイナースカードはCLUB ANA(ビジネスクラス)チェックインカウンターを利用することが出来ます。通常のチェックインカウンターと比べてとても素早くチェックインすることが出来るので、ANAを頻繁にご利用する方に特におすすめのクレジットカードです。

クレジットカード提携会社のお得なオリジナル特典

  • ANA ダイナースカードを契約していれば、出張やご旅行の手配をサポートしてもらえます。

    ANA ダイナースカードを契約していれば、シティカードトラベルデスクというサポートを受けることが出来ます。シティカードトラベルデスクは、お電話一本で航空券、宿泊予約などの国内外の各種旅行手配を秘書のように行ってもらえます。更に世界各地の海外デスクでは、緊急時のサポートも対応してもらえます。何か合った際に便利と安心を備えているトラベルサービスが付帯しているので、安心して旅や出張に出向くことが出来ます。

  • その他のダイナースのサービス

    • グルメサービス
    • エンターテイメントサービス
    • トラベルサービス
    • ゴルフサービス

ANA ダイナースカードの海外旅行保険などの付帯保険

海外旅行保険

傷害治療
最高300万円(税込み)
携帯品傷害
最高50万円(税込み)(年間100万円(税込み)限度、免責3千円)
死亡・後遺症障害
利用付帯:最高10,000万円(税込み)
自動付帯:最高5,000万円(税込み)
家族特約(傷害死亡・後遺障害)
-
疾病治療
最高300万円(税込み)
賠償責任
最高10,000万円(税込み)
救援者費用
最高400万円(税込み)
その他(自動付帯等)
-

国内旅行保険

傷害保険(死亡・後遺障害)
最高10,000万円(税込み)
国内航空傷害保険
最高10,000万円(税込み)
その他
-

ANA ダイナースカードが学生におすすめの理由

ANA ダイナースカードは年会費は非常に高額ですが、それに見合った手厚いサービスが魅力的ですし、何よりも持っているだけでステイタスなので、一目置かれたい学生におすすめです。但し、原則として27歳以上の方しかこのクレジットカードを申請することが出来ないので、大学・専門学校に在学中にこのカードを取得することは難しいかもしれません。学生のご両親が持っている可能性も非常に稀なカードなので、ANA ダイナースカードの家族カードにあやかることも難しいです。憧れのカードなので、学生を追えて社会に出た際には是非とも取得を目指したいクレジットカードの一つです。

ANAのクレジットカード一覧

Topへ戻る