ANA JCB ワイドゴールドカードは学生におすすめのクレジットカードなのか!?

ANA JCB ワイドゴールドカードは、全日本空輸(ANA)とJCBカードとの提携カードで、ANA提携カードの中では一般とワイドゴールドカードのなかでもグレードの高い航空系のクレジットカードです。ここではANA JCB ワイドゴールドカードが学生におすすめなのかを紹介していきます。

ANA JCB ワイドゴールドカードのクレジットカード概要

ANA JCB ワイドゴールドカードは、全日本空輸(ANA)とJCBカードとの提携ゴールドカードで、ANA提携カードの中でも非常に高い保証やご利用限度額が付帯している航空系のクレジットカードです。このクレジットカードの海外旅行の傷害保険はなんと最高1億円。最高位のクレジットカードに属するプラチナカード並みの手厚い保証に加えて、ANAとJCBの高品質なサービスまで考慮していただければ年会費も高くありません。見た目もゴージャスで、使用人のステイタスを表す高級なクレジットカードです。このクレジットカードは特にANAをご利用されて、マイルを貯めたい方におすすめのJCBのクレジットカードで、搭乗ボーナスマイルがANA JCB 一般カードよりも高く設定されております。

ANA JCB ワイドゴールドカードは、ANA JCB 一般カードと比べて、より還元率の高い入会ボーナス・継続ボーナス・フライト換算ボーナスが提供されているクレジットカードです。例えば、このゴールドカードを使用することによってANAのフライト搭乗時にもらえるボーナスマイルはANA JCB 一般カードに比べて2倍です。

ショッピングやお食事等の日常的なお支払いに関してはANA JCB 一般カードと同じで、空でも陸でも効率よく全日本空輸のANAマイルが効率よく貯まるANA利用者におすすめのクレジットカードです。JCBの「Oki Dokiポイント」が1000円のご利用につき1ポイント獲得することが出来る上、更にANAカードマイルプラス提携店舗でお買い物をしていただければ「Oki Dokiポイント」とは別に100円〜200円につき1マイル獲得することが出来ます。

このクレジットカードで貯めた「Oki Dokiポイント」は、マイル移行を行うことが出来る上、マイル移行時の手数料も通常必要となる1ポイント10マイルの移行料の通常かかるはずの5,000円を完全無料で行うことが出来るので、マイル移行の手数料が上がってしまった今、ANA JCB ワイドカードを持つのであればこちらのANA JCB ワイドゴールドカードを持って頂いた方がお得です。

ANA JCB ワイドカードは年会費7,250円で、マイル移行が5,000円なので合わせて12,250円、ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費は14,000円(税抜)必要なのですが、継続ボーナスとして毎年2000マイルをプレゼントされますし、空港ラウンジを使用できることを考えればこのクレジットカードを取得していただいたほうがお得ですよね。

更にこのクレジットカードは無料の「ANAカードファミリーマイル」に登録すれば、家族のマイルを合わせて旅行に出掛けることもできちゃうのでとてもお得です。電子マネー「Edy」も搭載されているので、Edyでのお支払いで更にマイルを貯めることが出来、マイレージを効率的に貯めることが出来るクレジットカードです。

ANA JCB ワイドゴールドカードのポイント・マイルについて

ANA JCB ワイドゴールドカードはポイントと同時にマイルが貯まるクレジットカードです。ここでは、ANAのクレジットカードでポイント・マイルがどう貯まるかを見ていきます。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードのポイント・マイル概要

    ANAのクレジットカードのうち、国際ブランドはJCBのものはJCBが提携して発行しているクレジットカードです。なので、これらのクレジはJCBのポイントプログラムである「Oki Dokiポイント」が貯まります。「Oki Dokiポイント」は、クレジットカードの利用1,000円毎に1ポイント貯まります。貯まったポイントは、JCBのオリジナルの商品に交換したり他のポイントに交換することも出来ますが、もちろんANA提携のクレジットカードなので、ANAのマイルに移行することが可能です。ANAのマイルに移行する場合は、1ポイント5マイルに交換することが出来る無料の5マイルコースか、1ポイントを10マイルに交換することが出来る高還元率な10マイルコースを選択することが出来ます。ただし、5マイルコースが無料なのに対して、10マイルコースは年会費6,000円近くかかるので注意です。現在はANA Visa/MasterCard カード系と比べても1,000円高いので、一般のクレジットカードで高還元率な10マイルコースを選択する場合はどちらかと言えばANA Visa/MasterCard カードの方がお得です。ANAのJCB提携のクレジットカードも、もちろんゴールドカードになると無料で10マイルコースを選択することが出来るので、ANA JCB ワイドゴールドカードを選択して更に10マイルコースを選択するよりかは、もう少し負担してサービスも充実しているANA JCB ゴールドカードを選択したほうがおすすめです。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードはマイルがたまりやすい

    ANA JCB ワイドゴールドカードはマイルがどんどん溜まっていく航空系のJCBカードです。

    入会時に1,000マイルが無料でプレゼントされる上、ANAグループ便の搭乗時にもマイルが貯まりますし、クレジットカードを長く持つことで毎年1,000マイルプレゼントされます。更に、カードショッピングで1,000円お買い上げするごとに「Oki Dokiポイント」が1Pもらえます。ANA JCB ワイドゴールドカードを使用して貯めた「Oki Dokiポイント」は1ポイントを10マイルに移行することが無料で行えます。通常のANA JCB 一般カードやANA JCB ワイドカードは1ポイントを5マイルに移行出来る5マイルコース(手数料無料)か、1ポイントを10マイルに移行できる高レートの10マイルコース(手数料は年税抜き5,000円)でポイントをマイルに移行することができました。但し、元々の10マイルコースの手数料は2,000円だったためANAのJCB系のクレジットカードは他のANAカードと比べて遥かにお得だったのですが、5,000円に改定された今、下位のクレジットカードはあまり魅力がなくなってしまいました。

    ANAカードマイルプラス提携店舗でも、上記の「Oki Dokiポイント」とは別で、追加マイルを100円〜200円につき1マイル獲得できますので、空の旅以外のショッピング等でもマイルが貯まるクレジットカードです。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードは旅のマイルが貯まります。

    ANA JCB ワイドゴールドカードはANAグループ便に搭乗する度に、通常のフライトマイルに加えて更に割増ボーナスマイルが貯まります。ボーナスマイルのレートは、区間マイルの25%プラスされます。この点はANA JCB ワイドカードと変わらないレートなので、通常利用で更にANAグループの搭乗機会が多い法人様であれば、ボーナスマイル面ではあまり差がありません。

  • 長期的にお得なのはJALよりもANA JCB ワイドゴールドカード

    マイルに興味がある人は、JALのクレジットカードとの比較も気になる所です。そこで、JALのクレジットカードとマイルのたまる場面を比較してみると、双方様々な場面でマイルが貯まります。JALとANAのクレジットカードが違うのは、ANAは入会時だけでなく毎年継続してマイルが貯まる点です。なので、長期的にお得なのはANAカードの方なのです。

貯まったポイントのおすすめ利用

ANAのマイレージプログラムのマイルにポイントを移項することが出来ます。ANAのクレジットカードで貯まるのは、通常の提携先のクレジットカードだけでなく、ANAマイレージクラブのANAマイレージプログラムのマイルが貯まるようになっています。年会費は無料で、マイルの有効期限は3年です。通常のポイントの期限が迫ってきた際には、マイルに以降してそのまま保存しておくことだって可能です。貯まったマイルは、ANAの航空券を購入する際や、ANAが加盟しているスターアライアンスグループの提携航空会社の航空券を購入する際にも貯まったマイルを利用することが可能です。ここでは各カードで貯まるポイントと、ポイントの貯め方、またマイルへ移行する際の手数料やその仕組について案内していきます。

  • ポイントをカタログアイテムと交換する

    貯めたポイントは、それぞれのクレジットカード提携会社先が用意している商品カタログに掲載されているアイテムと交換することが可能です。JCBのクレジットカードはJCBが用意している商品カタログに、Visa/MasterCard、アメリカン・エキスプレス、ダイナースも同じくそれぞれが用意している商品カタログのアイテムに交換することが可能です。それぞれの商品カタログには普段使用するような家電からチケット、グルメまでさまざまなモノを取り揃えているので、ポイントの利用に困りません。

  • ポイントを他のポイントと交換する

    ANAのクレジットカードで貯めたポイントは、ANAのマイル以外にもその他の国内で使用されているポイントに交換することが可能です。交換可能なポイントは、Yahoo! Japanで利用されているTポイントや、楽天で利用されている楽天スーパーポイントに交換することが可能です。楽天やYahoo! Japanで利用することが出来るポイントに交換することが出来れば、様々な商品にポイントを利用することが出来るので、ポイントの使い道に困りません。

  • ポイントをギフト券と交換する

    ANAのクレジットカードを利用して貯めたポイントは、Amazon等で利用することが出来るAmazonギフト券であったり、JTBが発行しているギフト券に交換することも可能です。こちらもかなりの数の商品や現実世界のお店で利用することが可能なので、Amazonをよく利用される方はポイントの使い道としてコチラを選択するのもオススメです。

  • ANA SKY コインへ交換する

    ANAのクレジットカードで貯めた各ポイントは、ANA SKY コインへ交換することが可能です。ANA SKY コインは、ANAで利用することが出来る通貨のようなもので、基本的にマイルから交換するときに少し多めに設定されているので、航空券を購入する際にはマイルから直接購入するのではなく、ANA SKY コインを経由して購入すると少しお得に航空券を購入することが出来ます。

ANA JCB ワイドゴールドカード支払い方法

ANAのクレジットカードの支払い方法は複数ありますが、それぞれのクレジットカード会社によって変わります。ここでは、どんな支払い方法があるか見てみましょう。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
  • ボーナス一括払い

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費

本会員

初年度
14,000(税抜き)
二年目以降
14,000円(税抜き)

家族

初年度
4,000円(税抜き)
二年目以降
4,000円(税抜き)

ANA JCB ワイドゴールドカードの関連カードについて

ANAのクレジットカードには、他のクレジットカードと同様、家族カードとETCカードを同時に入会することが可能です。中国に行く際に便利な銀聯カード(ぎんれんかーど)を発行できるのも強みの一つです。無料のものも存在しますが、基本的にこれらの関連カードは有料なので、クレジットカード入会の際には注意しましょう。なお、学生専用のクレジットカードには家族カードは付帯しません。

  • 家族カード
  • ETCカード
  • 銀聯カード

ANA JCB ワイドゴールドカードのお得なオリジナル特典

  • ANA JCB ワイドゴールドカードは、補償がプラチナカード並みです。

    ANA JCBワイドゴールドカードは最高1億円の海外旅行傷害保険が付いており、更に最高5,000万円の国内旅行傷害保険や、最高300万円のショッピング保険(国内・海外)が付帯しています。この内容だけ比べると、このANAのゴールドカードはプラチナカード並みの手厚い補償内容と遜色無く、旅行傷害保険については、支払い等をクレジットカードで行わなくても、申請等を行わなくても、自動的に海外・国内共に最高5,000万円の保険が適用されます。保険や補償内容が手厚く、旅行や出張時に所持していく事にメリットのある仕上がりのクレジットカードになっています。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードはANAスキップサービスで素早くチェックインすることが出来ます。

    CLUB ANA(ビジネスクラス)チェックインカウンターを利用することが出来ます。通常のチェックインカウンターと比べてとても素早くチェックインすることが出来るので、ANAを頻繁にご利用する方に特におすすめのクレジットカードです。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードは空港ラウンジを使用することが出来ます

    ANA JCB ワイドゴールドカードは、ステイタスカードの特典である空港ラウンジを使用することが出来ます。空港等で待ち時間を持て余してしまったりした時に、特別な空間に行くことが出来る事も、このクレジットカードを所持する上での魅力に一つです。

  • ANAのクレジットカードは旅行に役立つ優待サービスや会員割引が多いです。

    ANAのクレジットカードを利用することで、ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURが5%OFFになります。他にも割引サービスとして、国内線・国際線機内販売10%OFFなどのサービスも用意されているので、ANA Visa/MasterCard 一般カードはおすすめです。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードでマイルを貯める際は、マイルを貯める事のできるモールを経由しましょう

    ANA JCB ワイドゴールドカードは「ANAマイレージモール」を経由することで、インターネット上のショッピングや会員登録などでマイルを貯めることが出来ます。

クレジットカード提携会社のお得なオリジナル特典

  • ANA JCB ワイドゴールドカードはJCB HOMEサポートクラブでトータルサポートを受けれます。

    ANA JCB ワイドゴールドカードは代行や家電修理などの生活面をサポートするさまざまなメニューを月額267円(税別)の会費で受けること出来ます。このクラブに登録いただいたJCBのクレジットカード会員は、家事代行や生活支援など、日常面をサポートしているサービスを提供する専門会社に取次ぎや手配をしてもらえる「ホームサポートサービス」を受けることが出来ます。更に、このクラブの付帯サービスとして、対象になる15品目の家電の故障をご連絡いただくと、修理の受付や修理業者の手配、修理業者への修理代金の支払いなどをトータルサポートしていただけるので安心です。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードは安心お知らせメールでクレジットカードの使いすぎを防げます

    クレジットカードのご利用残高が事前にお客様が設定した金額を超えた場合にメールにてお知らせすることが出来ます。「ANAカードの利用状況を常に把握しておきたい」、「ANAカードの使いすぎないようにしたい」という方におすすめです。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードはETCカードと請求をまとめて送付されます

    ANA JCB ワイドゴールドカードをご契約いただいて入れば、別々に発送されているETCカードとJCBカードの利用明細をひとつにまとめて送って頂けるようになりました。

  • ANA JCB ワイドゴールドカードはQUICPayとnanacoの非接触型決済ツールを注文できます

    ANA JCB ワイドゴールドカードにご入会いただくと、キーホルダー型の非接触決済ツール「ANA QUICPay+nanaco」を注文することが出来ます。「ANA QUICPay+nanaco」は発行手数料300円(税別)でお申込みいただけます。これは、ANA JCBカード1枚につき、「ANA QUICPay+nanaco」を1枚発行することができるので、家族カードを持っているとその分更にお申込みいただけます。

ANA JCB ワイドゴールドカードの海外旅行保険などの付帯保険

海外旅行保険

傷害治療
最高300万円(税込み)
携帯品傷害
最高50万円(税込み)(年間100万円(税込み)限度、免責3千円)
死亡・後遺症障害
利用付帯:最高10,000万円(税込み)
自動付帯:最高5,000万円(税込み)
家族特約(傷害死亡・後遺障害)
最高1,000万円(税込み)
疾病治療
最高300万円(税込み)
賠償責任
最高10,000万円(税込み)
その他(自動付帯等)
乗継遅延費用(自動付帯):2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用(自動付帯):2万円
受託手荷物遅延(自動付帯):2万円
受託手荷物紛失(自動付帯):4万円(航空機搭乗中のみ)

国内旅行保険

国内航空傷害保険
最大5,000万円(旅客機搭乗中に限る)
入院日額:5,000円、通院日額:2,000円、手術費用:入院日額×倍率(10倍・20倍・40倍)
その他
乗継遅延費用(自動付帯):2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用(自動付帯):2万円
受託手荷物遅延(自動付帯):2万円
受託手荷物紛失(自動付帯):4万円(航空機搭乗中のみ)

ANA JCB ワイドゴールドカードが学生におすすめの理由

年会費が非常に高額になるANA JCB ゴールドカードは、カードの維持費だけで出費が多くなってしまうためあまりオススメではありません。年会費だけで14,000円かかってしまう上、審査が必要なのでクレヒスが良好でなければ申請が通りません。はじめに持つクレジットカードとしてはかなりハードルが高いので、大学や専門学校等に在学中は先に簡単に申請の通るクレジットカードでクレヒスを貯めて頂き、大学生を卒業する時にクレジットカードを申請していただければスムーズに移行することが出来ると思います。

ANAのクレジットカード一覧

Topへ戻る