ANAカードは学生におすすめのクレジットカードなのか!?

ANAカードとは、全日本空輸(ANA)がそれぞれのクレジットカード会社と提携して、発行されているクレジットカードにANAのマイレージプログラムであるANAマイレージクラブ(AMC)が付帯したクレジットカードです。ここではANAカードが学生におすすめなのかを紹介していきます。

目次

ANAのクレジットカード概要

ANAのクレジットカードの貯まるポイントについて

ANAのクレジットカードのポイントの貯め方について

ANAのクレジットカードのポイントの利用方法について

ANAのクレジットカードを利用して貯まるマイルはANAマイレージクラブのマイルです

ANAのクレジットカードのマイルの貯め方について

ANAのクレジットカードのマイルの利用方法

ANAのクレジットカードのマイルの有効期限

ANAのクレジットカードの支払い方法と関連カード

ANAのクレジットカードの種類

ANAのクレジットカード一覧

ANAのクレジットカードのお得なオリジナル特典

クレジットカード提携会社のお得なオリジナル特典

ANAのクレジットカードが学生におすすめの理由

ANAのクレジットカード概要

ANAカードとは、全日本空輸(ANA)がそれぞれのクレジットカード会社と提携して、発行されているクレジットカードにANAのマイレージプログラムであるANAマイレージクラブ(AMC)が付帯したクレジットカードです。ANAとクレジットカード会社だけの2社での提携クレジットカードも存在しますし、中には更にもう1社と提携を組んで3社で発行しているクレジットカードも存在します。ANAのクレジットカードで何よりも良いメリットは、実はANAのクレジットカードは利用すると、提携しているクレジットカード会社のポイントが貯まり、場合によっては利用毎にANAのマイレージも同時に貯まるという点です。通常だとどちらかのポイントしか貯まらなかったり、そもそもポイントプログラムがひとつしか存在していないクレジットカードが多い中で、同時に貯まったりするクレジットカードが存在するANAのクレジットカードは、入会を考えている方の選択肢の一つに入れても間違いではないでしょう。

ANAのクレジットカードが選択できる国際ブランド概要

ANA自体はクレジットカードのブランド会社ではないですが、提携しているクレジットカード会社は幅広く、選べるブランドはVisa、MasterCard(マスターカード)、JCB、American Express(アメリカン・エキスプレス)、ダイナースクラブとほぼ全ての国際ブランドをカバーしています。中にはぎ中国で利用することが出来る銀聯カードも発行することが可能なものもあるので、出張先でもクレジットカード決済に困りません。もちろん発行しているクレジットカード会社によってサービスが変化するので、自分の利用方法にあったクレジットカードサービスが付帯しているクレジットカードを選択しましょう。

ANAのクレジットカードが利用できる電子マネー概要

ANAのクレジットカードは電子マネーをカバーしているものは少ないですが、東京メトロ等と提携しているクレジットカードも存在しており、定期として利用することが出来るクレジットカードも存在します。なんとANAカードは、選んだクレジットカード1枚で想定していたクレジットカードの利用方法全てカバーすることが出来てしまう可能性もあります。もちろんショッピングでも旅行でもポイントもマイルも貯まるので、どうせなら全ての支払いをクレジットカードで行ってしまってもいいかもしれません。

ANAのクレジットカードが利用できるポイント概要

ANAのクレジットカードは、基本は提携クレジットカード先のポイントが貯まるクレジットカードです。ポイントが溜まったら、ANAのマイルに移行することが可能です。但し、ANAカードマイルプラス提携店等でANAのクレジットカードを利用すると、提携クレジットカード会社のポイントに加えてさらにANAのマイルが同時に貯まります。ANAやANAが加盟しているスターアライアンスグループ加盟の航空会社の航空券やサービスをクレジットカード決済すると、ボーナスマイルがもらえるのも特徴の一つです。

ANAのクレジットカードの貯まるポイントについて

ANAのクレジットカードはポイントが貯まるクレジットカードです。ここでは、ANAのクレジットカードを利用することで何のポイントが貯まるかを国際ブランド別に見ていきます。

  • ANAのクレジットカードの国際ブランドがVisa/MasterCard(マスターカード)のものについて

    ANAのクレジットカードのうち、国際ブランドがVisa/MasterCardのものは三井住友Visaカードが提携して発行しているクレジットカードです。なので、これらのクレジットカードは三井住友Visaカードのポイントプログラムである、「ワールドプレゼントポイント」が貯まります。ワールドプレゼントポイントは、クレジットカードの利用1,000円毎に1ポイント貯まる仕組みです。貯まったポイントは、1ポイントを5マイルに移行することが出来る通常の5マイルコースと、1ポイントを10マイルに移行することが出来る高還元率の10マイルコースを選択することが出来ます。ただし、1ポイントを10マイルに移行することが出来るコースは、年会費が約5,000円かかるので、クレジットカードを沢山利用する方におすすめです。1マイルを2円と考えると、5マイルコースでもポイントの還元率は1.0%なので十分ですが、10マイルコースに変えれば還元率は2.0%まで上がります。尚、クレジットカードのランクが高いものに上がればクレジットカードに高い年会費を払う分、還元率の高い10マイルコースでポイントが移行できるようになるので、例えばANA Visa/Masterワイドカードを選択して10マイルコースを選択するよりも、ANA Visa/Master ゴールドカードを選択していただいたほうがよりお得にマイルを貯めることが可能です。

  • ANAのクレジットカードのうち、国際ブランドがJCBのものについて

    ANAのクレジットカードのうち、国際ブランドはJCBのものはJCBが提携して発行しているクレジットカードです。なので、これらのクレジはJCBのポイントプログラムである「Oki Dokiポイント」が貯まります。「Oki Dokiポイント」は、クレジットカードの利用1,000円毎に1ポイント貯まります。貯まったポイントは、JCBのオリジナルの商品に交換したり他のポイントに交換することも出来ますが、もちろんANA提携のクレジットカードなので、ANAのマイルに移行することが可能です。ANAのマイルに移行する場合は、1ポイント5マイルに交換することが出来る無料の5マイルコースか、1ポイントを10マイルに交換することが出来る高還元率な10マイルコースを選択することが出来ます。ただし、5マイルコースが無料なのに対して、10マイルコースは年会費6,000円近くかかるので注意です。現在はANA Visa/Master カード系と比べても1,000円高いので、一般のクレジットカードで高還元率な10マイルコースを選択する場合はどちらかと言えばANA Visa/Master カードの方がお得です。ANAのJCB提携のクレジットカードも、もちろんゴールドカードになると無料で10マイルコースを選択することが出来るので、ANA JCB ワイドカードを選択して更に10マイルコースを選択するよりかは、もう少し負担してサービスも充実しているANA JCB ゴールドカードを選択したほうがおすすめです。

  • ANAのクレジットカードのうち、国際ブランドがAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)ものについて

    JCBやVisa/Masterと同様ですが、ANAのアメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、アメリカン・エキスプレス独自のポイントが貯まります。アメリカン・エキスプレスはJCBやVisa/Masterと違ってクレジットカード100円の利用毎に1ポイント貯まるので、利用額が1,000ポイントからのJCBやVisa/Masterと比べるとよりポイントが溜まりやすくなっています。アメリカン・エキスプレスも他のクレジットカード同様、ANAのマイルに交換することが可能なので、旅行に行く際にANAやスターアライアンス加盟の航空会社をよく利用される方にとっては非常におすすめなクレジットカードです。

  • ANAのクレジットカードのうち、国際ブランドがダイナースクラブのものについて

    こちらは、ダイナースクラブのポイントが貯まります。貯まるポイント名は「ダイナースクラブ リワードポイント」で、100円毎のクレジットカード利用につき1ポイント貯まります。たまったポイントは他の国際ブランドと同様、お得なアイテムやANAのマイルに交換することが可能です。「ANA SKY コイン」に交換することも可能なので、より高還元率を目指すのであればANAのマイルではなく「ANA SKY コイン」に移項することも検討しましょう

ANAのクレジットカードのポイントの貯め方について

ANAのクレジットカードはポイントが貯まるクレジットカードです。ここでは、ANAのクレジットカードを利用したポイントの貯め方を見ていきます

  • ANAのクレジットカードは、ポイントがたまりやすい。

    ショッピングでも、通常のクレジットカード利用でもポイントが貯まるANAのクレジットカードはポイントがたまりやすいクレジットカードです。何に利用してもポイントが貯まるので、どんな時でもクレジットカードを利用することをおすすめします。ポイントの使い道はショッピングでも、旅行先でも、さらには海外のご利用でも。いつでもポイントを貯めることが可能です。国際ブランドごとに貯まるポイントは違いますが、総じてポイント還元率は無料の5マイルコースを選択していても、1マイル2円換算で計算すると1.0%以上なのでどれでもお得です。

  • ANAのクレジットカードは普段のショッピングでもポイントが貯まる

    ANAのクレジットカードは、通常のクレジットカード利用でポイントが貯まるクレジットカードです。JCBやVisa/Masterのクレジットカードは1,000円毎にそれぞれの提携会社のポイントが、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブのクレジットカードは、100円の利用毎にポイントが貯まります。どちらも還元率は1.0%以上なので、通常のクレジットカードとしては申し分ない還元率です。

  • 光熱費などの月々の支払いでもポイントが貯まる!

    ANAのクレジットカードのうち、JCBとVisa/Masterが国際ブランドのものは光熱費をクレジットカードで支払いことが可能です。もちろん光熱費を支払った際にはクレジットカード利用として換算されるので、ポイントが貯まります。この際に有利なのは、JCBのクレジットカードです。JCBのクレジットカードの方がより多くの会社と提携を組んでいるので、光熱費を支払う際にはANAのVisa/MasterのクレジットカードよりもJCBのクレジットカードの方がクレジットカードで支払うことが出来る可能性があるのでおすすめです。毎月かさむ光熱費を全てクレジットカードで支払えば、かなりのポイントが貯まります。

  • コンビニの買い物でも電子マネーを利用すれば手間いらずでポイントが貯まる

    ANAのクレジットカードの中には、電子マネーが利用できるものがあります。ANAののクレジットカードに付帯している電子マネーを利用すれば、少額でも相手にクレジットカード自体をを渡すこと無く決済を行うことが可能です。普段の利用からクレジットカードを利用していれば、塵も積もれば山となる。ポイントをどんどんためていくことが可能です。

  • Visa/Masterはマイ・ペイすリボを利用することでよりポイントを貯めることが可能です。

    ANAのクレジットカードのうち、Visa/Masterカードはマイ・ペイすリボの裏技を使用することで、ANAのその他の国際ブランドのクレジットカードよりも高還元率にマイル獲得が出来てしまいます。JCBが提供している「Oki Dokiポイント」のポイント移行の際の手数料も、三井住友Visaカードの「ワールドプレゼントポイント」と還元率と手数料になった今、マイ・ペイすリボを駆使して更に高還元率を目指すことの出来るANAのVisa/Masterカードはお得なクレジットカードだといえます。更に、マイ・ペイすリボをANAのVisa/Masterのクレジットカードで登録すれば、年会費を安く抑えることが出来ます。使用方法によってはリボ払いの際の手数料利よりも多くの年会費を浮かすことが出来るので、こちらの方法もぜひ一度検討しましょう。

  • 公共交通機関でもポイントが貯まる

    ANAのクレジットカードの中には、公共交通機関と提携を組んでいるクレジットカードがあります。なので、定期として利用できるものや、バス、電車を利用する際に公共交通機関の電子決済サービスを利用することで、各々のポイントを貯めることが可能です。電車や地下鉄、バスを利用している方でクレジットカードを健闘している方は、それらの利用でもポイントを貯めることが出来るクレジットカードも検討しましょう。

ANAのクレジットカードのポイントの利用方法について

ANAのクレジットカードはポイントが貯まるクレジットカードです。ここでは、ANAのクレジットカードで貯めたポイントの利用方法を見ていきます

  • ANAのマイレージプログラムのマイルにポイントを移項することが出来ます。

    ANAのクレジットカードで貯まるのは、通常の提携先のクレジットカードだけでなく、ANAマイレージクラブのANAマイレージプログラムのマイルが貯まるようになっています。年会費は無料で、マイルの有効期限は3年です。通常のポイントの期限が迫ってきた際には、マイルに以降してそのまま保存しておくことだって可能です。貯まったマイルは、ANAの航空券を購入する際や、ANAが加盟しているスターアライアンスグループの提携航空会社の航空券を購入する際にも貯まったマイルを利用することが可能です。ここでは各カードで貯まるポイントと、ポイントの貯め方、またマイルへ移行する際の手数料やその仕組について案内していきます。

  • ポイントをカタログアイテムと交換する

    貯めたポイントは、それぞれのクレジットカード提携会社先が用意している商品カタログに掲載されているアイテムと交換することが可能です。JCBのクレジットカードはJCBが用意している商品カタログに、Visa/Master、アメリカン・エキスプレス、ダイナースも同じくそれぞれが用意している商品カタログのアイテムに交換することが可能です。それぞれの商品カタログには普段使用するような家電からチケット、グルメまでさまざまなモノを取り揃えているので、ポイントの利用に困りません。

  • ポイントを他のポイントと交換する

    ANAのクレジットカードで貯めたポイントは、ANAのマイル以外にもその他の国内で使用されているポイントに交換することが可能です。交換可能なポイントは、Yahoo! Japanで利用されているTポイントや、楽天で利用されている楽天スーパーポイントに交換することが可能です。楽天やYahoo! Japanで利用することが出来るポイントに交換することが出来れば、様々な商品にポイントを利用することが出来るので、ポイントの使い道に困りません。

  • ポイントをギフト券と交換する

    ANAのクレジットカードを利用して貯めたポイントは、Amazon等で利用することが出来るAmazonギフト券であったり、JTBが発行しているギフト券に交換することも可能です。こちらもかなりの数の商品や現実世界のお店で利用することが可能なので、Amazonをよく利用される方はポイントの使い道としてコチラを選択するのもオススメです。

  • ANA SKY コインへ交換する

    ANAのクレジットカードで貯めた各ポイントは、ANA SKY コインへ交換することが可能です。ANA SKY コインは、ANAで利用することが出来る通貨のようなもので、基本的にマイルから交換するときに少し多めに設定されているので、航空券を購入する際にはマイルから直接購入するのではなく、ANA SKY コインを経由して購入すると少しお得に航空券を購入することが出来ます。

ANAのクレジットカードを利用して貯まるマイルはANAマイレージクラブのマイルです

ANAのクレジットカードは貯めたポイントを高還元率でマイルに移項することが可能なクレジットカードです。直接的にクレジットカードを利用してマイルが貯まることはANAやスターアライアンス加盟の航空会社の航空券を買う、など、限定的ですが、ANAのクレジットカードを利用して貯めたポイントをANAのマイルに交換することが可能です。もちろんANAが提携して発行しているクレジットカードだけあって、他のクレジットカードを利用するよりも効率的にマイルを貯めることが可能な場合が多いので、マイルを貯めるには非常におすすめのクレジットカードです。

ANAのクレジットカードのマイルの貯め方について

ANAのクレジットカードは、いくつかの方法でマイルを貯める方法があります。直接的にマイルを貯める方法と、ポイントからの交換や、クレジットカードの継続ボーナスとして貰える等様々な方法でマイルが貯まります。なので、自分にあったクレジットカードの利用方法でマイルを貯めましょう。

  • ポイントからANAマイレージクラブのマイルに移行する

    ANAのクレジットカードを利用すると、国際ブランドによって貯まるポイントが変わります。しかし、全てのポイントからANAのマイルに移項することが可能です。マイルに移項することが出来るポイントプログラムは以下のとおりです。

    • 三井住友Visaカードのワールドプレゼントポイント
    • JCBの「Oki Dokiポイント」
    • アメリカン・エキスプレスのポイント
    • ダイナースクラブの「ダイナースクラブ リワードポイント」
  • マイルを貯める事のできるモールを経由しましょう

    ANAカードは「ANAマイレージモール」を経由することで、インターネット上のショッピングや会員登録などでマイルを貯めることが出来ます。

  • 入会時にボーナスマイルをもらう

    ANAのクレジットカードは、基本的に入会時にポイントを貰うことが可能です。貰えるポイントの量は、クレジットカードのグレードによって変わります。一番少なのは、ANAの通常のクレジットカードです。次にANA ワイドカードが来て、ワイドゴールド、プラチナと続きます。

  • クレジットカード継続時にボーナスマイルをもらう

    ANAのクレジットカードは、継続時にもボーナスマイルをプレゼントされます。こちらも入会するときのボーナスマイル同様、持っているANAのクレジットカードのグレードによって貰えるマイルの量が決まります。通常のクレジットカードが一番少なく、一番多いのはプラチナカードです。

  • 搭乗時に貰えるボーナスマイル

    ANAのクレジットカードは、ANAのグループ便に搭乗する旅に、通常のフライトマイルに加えて更に割増のボーナスマイルがプレゼントされます。ボーナスマイルのレートは、区間マイルから数%プラスされて貰えるので、ANAのグループ便をよく利用される方にはもってこいのクレジットカードです。

ANAのクレジットカードのマイルの利用方法

ANAのクレジットカードで貯めたANAのマイルには、ただ単純にマイルとして利用する以外にも様々な利用方法があります。

  • 航空券を購入する際にマイルを利用する
  • マイルを別のポイントへ交換する
  • ANA SKY コインへ交換する

ANAのクレジットカードのマイルの有効期限

ANAマイレージクラブのマイルは、有効期限が3年に設定されています。3年過ぎてしまいそうになった際には、マイルから逆にポイントに一度移項するか、ANA SKY コインに移行しましょう。ポイントに移行した場合、還元率が少し低下してしまいますが、ANA SKY コインであれば、基本的にマイルからの交換であればレートが少し高く設定されているので、お得になります。航空券を購入する際にも利用することが出来るANA SKY コインはお得なので、マイルの期限が切れそうになった際には利用しましょう。

ANAのクレジットカードの支払い方法と関連カード

ANAのクレジットカードの支払い方法、関連カードは複数ありますが、それぞれのクレジットカード会社によって変わります。

支払い方法

ANAのクレジットカードの支払い方法は複数ありますが、それぞれのクレジットカード会社によって変わります。ここでは、どんな支払い方法があるか見てみましょう。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
  • マイ・ペイすリボ(Visa/MasterCard専用リボルビング払い)
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス二括払い

関連カード

ANAのクレジットカードには、他のクレジットカードと同様、家族カードとETCカードを同時に入会することが可能です。中国に行く際に便利な銀聯カード(ぎんれんかーど)を発行できるのも強みの一つです。無料のものも存在しますが、基本的にこれらの関連カードは有料なので、クレジットカード入会の際には注意しましょう。なお、学生専用のクレジットカードには家族カードは付帯しません。

  • 家族カード
  • ETCカード
  • 銀聯カード

ANAのクレジットカードの種類

ANAのクレジットカードは、各国際ブランドを取り扱っている提携会社と提携してクレジットカードを発行している上、グレードもそれぞれ用意しているのでクレジットカードの種類としては結構多いです。ここでは、各クレジットカードのグレードについて紹介します。

  • 一般カード
  • ワイドカード
  • ゴールドカード
  • プレミアムカード
  • 法人カード
  • スーパーフライヤーズカード

ANAのクレジットカード一覧

ANAのクレジットカードのお得なオリジナル特典

  • ANAのクレジットカードは旅行に役立つ優待サービスや会員割引が多いです。

    ANAのクレジットカードを利用することで、ANAスカイホリデー・ANAハローツアー・ANA SKY WEB TOURが5%OFFになります。他にも割引サービスとして、国内線・国際線機内販売10%OFFなどのサービスも用意されています。

  • ANAのクレジットカードは中国の出張や旅行に行く際も便利です。

    ANAのクレジットカードは同時にANA銀聯カードを申し込むことが出来ます。この銀聯ブランドのクレジットカードは、中国で最もよく使われるクレジットカードで、中国の大都市から地方都市まで、約650万店(2013年9月末時点)にのぼる中国銀聯加盟店で利用することが可能になります。中国に出張が多い方は、このクレジットカードを使用することが出来ればお支払いに困ることはありませんので安心です。

クレジットカード提携会社のお得なオリジナル特典

  • (Visa/MasterCard限定特典)「三井住友カードiD(クレジット一体型)」で素早く決済することができます。

    ANAの三井住友カードが発行しているクレジットカードにご入会いただくと、国際ブランドのVisaカード/MasterCard(マスターカード)として世界中の取り扱い店舗でお買物をすることができるのはもちろん、更に「三井住友カードiD(クレジット一体型)」がついてくるので、この「三井住友カードiD」を使用することで「iD」取り扱いショップや自動販売機、タクシーなどでクレジット利用をすることが可能です。クレジットカードを相手に渡すことなく決済することが可能なので、非常に便利な機能です。

  • (JCB限定特典)JCB HOMEサポートクラブでトータルサポートを受けれます。

    ANAのJCBが発行しているクレジットカードは代行や家電修理などの生活面をサポートするさまざまなメニューを月額267円(税別)の会費で受けること出来ます。このクラブに登録いただいたJCBのクレジットカード会員は、家事代行や生活支援など、日常面をサポートしているサービスを提供する専門会社に取次ぎや手配をしてもらえる「ホームサポートサービス」を受けることが出来ます。更に、このクラブの付帯サービスとして、対象になる15品目の家電の故障をご連絡いただくと、修理の受付や修理業者の手配、修理業者への修理代金の支払いなどをトータルサポートしていただけるので安心です。

  • (JCB限定特典)安心お知らせメールでクレジットカードの使いすぎを防げます

    ANAのJCBが発行しているクレジットカードに入会すれば、クレジットカードのご利用残高が事前にお客様が設定した金額を超えた場合にメールにてお知らせすることが出来ます。「ANAカードの利用状況を常に把握しておきたい」、「ANAカードの使いすぎないようにしたい」という方におすすめです。

  • (JCB限定特典)ETCカードと請求をまとめて送付されます

    ANAのJCBが発行しているクレジットカードANAのJCBが発行しているクレジットカードに入会すれば、をご契約いただいて入れば、別々に発送されているETCカードとJCBカードの利用明細をひとつにまとめて送って頂けるようになりました。

  • (JCB限定特典)QUICPayとnanacoの非接触型決済ツールを注文できます

    ANAのJCBが発行しているクレジットカードにご入会いただくと、キーホルダー型の非接触決済ツール「ANA QUICPay+nanaco」を注文することが出来ます。「ANA QUICPay+nanaco」は発行手数料300円(税別)でお申込みいただけます。これは、ANA JCBカード1枚につき、「ANA QUICPay+nanaco」を1枚発行することができるので、家族カードを持っているとその分更にお申込みいただけます。

ANAのクレジットカードが学生におすすめの理由

海外旅行に良く行く在学中の学生にマイルがたまりやすい航空系のクレジットカードはおすすめです。ANAの学生用のクレジットカードは比較的簡単にマイレージが貯まるカードで、更に各クレジットカード会社のポイントを使用して更にマイルを効率的に貯めることが出来るのでオススメです。しかも、ANAの学生用のクレジットカードは年会費がかからずマイルの移行はゴールドカードと同じ内容で1ポイント10マイルが無料なのでとてもお得なクレジットカードです。大学や専門学校を卒業する際にも、ANAの各一般向けのクレジットカードに移行する事が出来て、更にマイレージプレゼントがあるので、在学中の学生に是非ともおすすめしたいANAのクレジットカードです。

  • 学生であれば、スカイメイトで特別割引されます。

    このクレジットカードを使用する22歳未満の方なら、ANAグループ便をご利用される際にこの学生用のANAのクレジットカードをご提示いただければ、なんとスカイメイト割引運賃でフライトすることができます。しかも、割引運賃の場合、通常は区間基本マイレージの75%のところ100%のマイルを獲得。学生用のANAのクレジットカードをご利用いただければ、マイルをしっかり貯めながらお得に旅することが出来ます。

  • 学生カード限定のボーナスマイルがついています。

    ANAの学生用のクレジットカードは、フライトする度にANAプレミアムポイントを獲得することが出来ます。このANAプレミアムポイントが一定以上貯まるごとに、ボーナスマイルをもらえちゃいます。また、通常のANA JCB 一般カードと同じくご搭乗ごとに区間基本マイルの10%が貯まる特典付き。使えば使うほどポイントが貯まる、学生カード限定のサービスが付いているのでお得です。

  • ANAの学生用のクレジットカードであれば、カードデスクでスムーズに予約することが出来ます。

    ANAの学生用のクレジットカードを空港にお持ち頂いて、カードデスクで提示していただければ、ご予約の際にお客様番号をデスクに伝えていただくだけで、スピーディーにご予約していただくことが可能です。また、国内線を利用して旅行する場合は、会員専用の国内線予約電話が設置されています。学生で初めて国内旅行をするときに飛行機を使用する際でも安心して登場することが出来ます。

  • ANAの学生用のクレジットカードであれば、ANAのパッケージツアーが学生価格でご利用可能です。

    ANAの学生用のクレジットカードをお持ちの在学中の学生がパッケージ専用予約窓口が設置してある、ANAスカイホリデー、ANAハローツアー、ANA SKY WEB TOURのから直接お申込みをしていただくと、パッケージツアーが5%OFFになります。通常よりずっとおトクな価格でパッケージツアーを購入して頂くことができるので、ちょっとした旅行にもピッタリのサービスがついています。

  • ANAの学生用のクレジットカードであれば、提携ホテルでの宿泊でもメリット満載

    ANAの学生用のクレジットカードを所持している学生であれば、ANAが提携しているインターコンチネンタル ホテルズ グループ(IHG®)と、ANAの共同ブランドホテル、更に通常のANAホテルでも、通常でも割安に設定されているベストフレキシブル料金より学生価格でさらに5%OFFで宿泊可能することが可能になっています。このクレジットカードを使用して、マイルも貯まり、更にリーズナブルなお値段でホテルに宿泊することが出来るので、お得です。ぜひともメリット満載のこのクレジットカードを使用して、一流ホテルでの滞在を検討してみてください。

  • 更にANAの学生用のクレジットカードをお持ちであれば、お土産の購入もサポートされます

    在学中の学生がANAの学生用のクレジットカードをお持ちいただければ、空港内のANA FESTAをはじめ、機内販売、SKY SHOPによるネットショッピングで商品を購入の際に、特別価格で購入することが出来るサービスがついています。お土産を沢山購入する場合でも、ANAの学生用のクレジットカードで購入しれ頂ければ、マイルも貯まりますし、旅の思い出もいくつ買ってもマイルに全て変換していくことができるのでお得です。

  • 引っ越しの際にもANAの学生用のクレジットカードでメリット満載!

    ANAの学生用のクレジットカードを持っていれば、一人暮らしをはじめる方におすすめのサービスが付いてきます。ANAの提携の引っ越し業者による割引特典です。この提携の引っ越し業者で頼んで引っ越しすれば、通常よりも割安で利用することが出来ますし、しかもこのクレジットカードを使用すれば「Oki Dokiポイント」も獲得できちゃいますし、更にはなんと引越マイルまで獲得することが出来ちゃいます。しかも実はこのクレジットカードを持っていればカラオケの割引が受けられるなど、新しい生活を手助けするさまざまなメリットのあるサービスが用意されています。

  • 研修プログラムもANAの学生用のクレジットカードを持っていれば受けれます。

    このクレジットカードを持っていれば、ANAグループが培ってきた研修プログラムを、学生だけの特別価格で受けることが出来ちゃいます。キャビンアテンダントの受けているような接遇マナーやコミュニケーションスキルなどを身につければ大学の卒業後でも非常に役に立ちます。また、新社会人になった際にはANAカード〈一般〉への切り替えを行うことで卒業マイルをプレゼントされますので、新しい気持ちで新生活を始めることができちゃうとってもお得なカードです。

  • 国外旅行や、国内線の利用にもメリットのあるクレジットカードです。

    学生用のANAのクレジットカードには、ANA JCB 一般カードと同等の充実した保険が自動的に付帯します。特に使わなくても保険が付帯しているので、旅行の際には是非ともこのANAの学生用のクレジットカードを所持していきましょう。但しその内容は、旅行の際の保証内容は国内旅行でのフライト中のトラブルか、海外旅行先での死亡事故や後遺症障害が遭った際の事故に巻き込まれた時の場合に限るので、もし万が一に備えたい際は更にもう一枚別のクレジットカードを持って旅行に出かけていただいたほうが安心です。

  • 卒業旅行でも、短期留学でも持って行きたいクレジットカードです。

    上記の自動付帯されるクレジットカードの保険での海外旅行傷害保険の適応期間は、日本出国日から90日間のみ有効です。ちょっとした卒業旅行や、在学中の大学からの短期留学でも活用することが出来る期間保証されています。なので、是非とも海外旅行を計画される際には、この学生用のANAのクレジットカードを持って出かけるようにしましょう。

Topへ戻る