三井住友Visaクラシックカード(学生)は学生におすすめのクレジットカードなのか!?

三井住友Visaクラシックカード(学生)は、三井住友カードの発行しているクレジットカードで、三井住友Visaカードの中でも最も標準なクレジットカードです。ここでは三井住友Visaクラシックカード(学生)が学生におすすめなのかを紹介していきます。

三井住友Visaクラシックカード(学生)のクレジットカード概要

三井住友Visaクラシックカード(学生)は、三井住友カードの発行している最も標準的なクレジットカードの「三井住友Visaクラシックカード」の学生に向けたクレジットカードです。三井住友Visaクラシックカードとサービス面は何も違いは無いのですが、大きな違いは2点あります。その違いとは、年会費と付帯カードで、年会費は在学期間中は年会費が無料です。付帯カードは、家族カードの発行が出来ません。学生の方で三井住友Visaクラシックカードを健闘している方であれば、通常の三井住友Visaクラシックカードではなく、こちらの学生向けのクレジットカードを選択していただいた方が何かと便利です。

ちなみに三井住友Visaクラシックカードは、三井住友カードの発行している最も標準的なクレジットカードです。標準というのは、クレジットカードにとって充実したサービスが付帯しているので、初めてクレジットカードを持つ方にとっては非常に申し分のないクレジットカードという意味が込められています。なので、標準とは言えども三井住友Visaクラシックカード(学生)は申し分のない内容のクレジットカードです。また、利用することで三井住友Visaクラシックカード(学生)のポイントもしっかりと貯まるので、沢山利用することでよりお得になるクレジットカードです。

三井住友Visaクラシックカード(学生)のポイントの貯め方

三井住友Visaクラシックカード(学生)はポイントが貯まるクレジットカードです。ここでは、三井住友Visaのクレジットカードでポイントがどう貯まるかを見ていきます。

  • 三井住友Visaカードのポイントプログラム

    三井住友Visaカードには、クレジットカード決済を利用することで貯まるポイントプログラムがあり、「ワールドプレゼントポイント」という名前が付けられています。通常の状態では、この三井住友Visaカードを1,000円利用する毎に、1ポイント(約5円)貯まる仕組みです。還元率は0.5%と通常のクレジットカードの還元率になっていますが、利用方法によってこの還元率を変動させることが出来ます。例えば、「マイ・ペイすリボ」を利用することで、リボ払いの請求が存在する月はポイントが2倍貯まるようになっていますし、ポイントUPモールを利用し、提携しているネットショップでのお買物にクレジットカードを利用することで、2〜20倍のポイントアップを狙うことも可能です。更に、長く利用していただければ、更にポイントの還元率が上がる「ボーナスポイント制度」も用意されているので、十二分に還元率の高いクレジットカードとして利用することが出来ます。

  • ボーナスポイント制度を利用してポイントを貯める

    ボーナスポイント制度とは、前の年度(2月~翌年1月)にクレジットカードで支払ったお買物の合計金額によって、「V1」「V2」「V3」という各ステージが設定されます。このステージと、更に年内に支払ったお買物の合計金額に応じて、ボーナスポイントをプレゼントするシステムです。三井住友Visaカードを利用すれば利用するほどお得になるポイントシステムです。同じく利用すればするほどお得になるサービスとして、年会費割引サービスがあります。

    V1ステージ
    クレジットカードの年間利用額が50万円以上100万円未満だと次の年にV1ステージに属するようになります。V1ステージになった年は、年間利用額が50万円に達するとボーナスポイントをもらえるようになり、更にそこから利用額が10万円増える毎にボーナスポイントを貰えます。
    V2ステージ
    クレジットカードの年間利用額が100万円以上300万円未満だと次の年にV2ステージに属するようになります。V2ステージになった年は、年間利用額が50万円に達するともらえるボーナスポイントがV1に比べて増額になり、更にそこから利用額が10万円増える毎に貰えるボーナスポイントも増額になります。
    V3ステージ
    クレジットカードの年間利用額が300万円以上だと次の年にV3ステージに属するようになります。V3ステージになった年は、V2ステージに比べて年間利用額が50万円に達した時に貰えるボーナスポイントが更に増額になります、50万円の利用額から利用額が合計10万円増える毎に更にボーナスポイントを貰えます。
  • ポイントUPモールで最大25倍のポイント

    三井住友Visaカードの運営しているポイントUPモールを経由して、提携店でクレジットカードを利用してショッピングするとワールドプレゼントポイントが最大25倍貯まり大変お得です。提携している会社には、大手ショッピングサイトの楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなども含まれており、これらのサイトでショッピングしてもポイントは通常よりも多く貯まります。もし楽天やAmazonなどのネットショッピングサイトを利用しているのであれば、是非こちらのポイントUPモールを利用するようにしましょう。

    更にこのポイントUPモールですが、一週間以内に揃うとポイントを更に貰うことが出来る毎週月曜日12時からスタートするBINGOや、特定の店に行くだけでポイントが貰えるサービス等も展開しているので、こちらも是非チェックです。

  • プレミアムポイント加盟店でのお買物でポイントアップ!

    三井住友Visaカードのクレジットカードをインターネット加盟店でショッピングやその他お買物をしても、ポイントが通常より多く貯まる仕組みになっています。加盟店が参加している三井住友VisaカードのV-passが運営している、V-collectionというサイトで加盟店を確認することが出来ます。

  • iDを利用してお得にポイントを貯める

    三井住友Visaカードは、チャージいらずな電子マネー「iD」を搭載することが可能です。「iD」が搭載された三井住友Visaカードのクレジットカードは「三井住友カード iD」と呼ばれ、搭載されている「iD」を利用すれば、クレジットカードが利用できないような自販機や、いちいちクレジットカード決済をするのが面倒なコンビニ等での支払いでも素早く利用することが出来るようになります。店員にクレジットカードを渡すこと無く決済することが出来るうえ、ポイントが貯まるのでお得です。「iD」を利用すれば、同時に「iDバリュー」という独自のポイントもたまるので、まさに一石二鳥です。

  • 「マイ・ペイすリボ」を利用することでポイントは2倍!

    「マイ・ペイすリボ」を利用する事で、リボ払い手数料のご請求がある月はボーナスポイントがプレゼントされます。通常のワールドプレゼントポイントと合わせて2倍。クレジットカード利用の際の還元率は1%になり、年会費も減額させることが出来る「マイ・ペイすリボ」を上手く活用すれば非常にお得なクレジットカードになります。

  • クレジットカードを利用しなくてもポイントは貯めれる!

    三井住友Visaカードを利用していて、「ワールドプレゼントポイント」を使用することの出来るクレジットカードに入会しているのであれば、大和証券の「ダイワのポイントプログラム」と、ジー・プラン株式会社の「Gポイント」をワールドプレゼントポイントに移行することが出来ます。ポイント移行の際に発生する移行手数料等は一切なしで、更に還元率も特に減少はしませんので、もし大和証券かGポイントを利用していて、特に利用することが無いのであればワールドプレゼントポイントに以降して様々な商品と交換してしまいましょう。

貯まったポイントのおすすめ利用

ANAのマイレージプログラムのマイルにポイントを移項することが出来ます。三井住友Visaのクレジットカードで貯まるのは、通常の提携先のクレジットカードだけでなく、ANAマイレージクラブのANAマイレージプログラムのマイルが貯まるようになっています。年会費は無料で、マイルの有効期限は3年です。通常のポイントの期限が迫ってきた際には、マイルに以降してそのまま保存しておくことだって可能です。貯まったマイルは、ANAの航空券を購入する際や、ANAが加盟しているスターアライアンスグループの提携航空会社の航空券を購入する際にも貯まったマイルを利用することが可能です。ここでは各カードで貯まるポイントと、ポイントの貯め方、またマイルへ移行する際の手数料やその仕組について案内していきます。

  • 景品交換

    Vpassを利用することで、三井住友Visaカードのクレジットカードを利用して貯まったポイントを三井住友Visaカードの用意している景品と交換することが出来ます。商品に関しては200ポイントから交換することが出来るようになっており、高額な10,000ポイントの景品まで交換可能なので、下記ポイント・マイル移行サービスと合わせてもポイントの使い道に困りません。

  • マイレージ移行サービス

    三井住友Visaカードのクレジットカードを利用して貯めたワールドプレゼントポイントは、様々な航空会社の運営しているマイレージプログラムのマイルに移行することが出来ます。

    • ANAマイレージプログラム
    • クリスフライヤー
    • クラブ・ミッレミリア
  • ポイント移行サービス

    三井住友Visaカードのクレジットカードを利用して貯めたワールドプレゼントポイントは、ワールドプレゼントポイント以外のポイントにも移行することが可能です。2015年4月29日現在、19種類の他ポイントに移行することが可能になっていますので、ワールドプレゼントポイントを利用する機会がなくても、その他のポイントに移行することでお得にポイントを利用していくことが可能です。

    • ドコモプレミアクラブ
    • ベルメゾン・ポイント
    • Joshinポイント
    • au WALLET ポイントプログラム
    • ビックポイントサービス
    • ゴールドポイント(ヨドバシカメラ)
    • 楽天スーパーポイント
    • ショップdeポイント
    • Tポイント
    • 電子マネー「楽天Edy」
    • WAONポイント
    • Gポイント
    • カエトクカードへチャージ
    • nanacoポイント
    • Suicaポイント
    • ANA SKY コイン
    • スターバックス カード
    • タリーズカード
    • Pontaポイント
  • キャッシュバックサービス

    三井住友Visaカードのクレジットカードで貯めたワールドプレゼントポイントを上記ポイント移行サービスや、その他の景品交換サービス等で利用しない場合、キャッシュバックサービスを利用することが出来ます。

    還元率は少し減ってしまいますが、現金に移行して振込を行ってもらうことが出来るサービスと、クレジットカード付属の「iDバリュー」への還元を行うことが出来ます。「iDバリュー」であれば、1ポイント5円として利用することが出来るので、もしキャッシュバックサービスを利用する場合であれば、還元率は減少しない「iDバリュー」への移行がおすすめです。

三井住友Visaクラシックカード(学生)支払い方法

三井住友Visaのクレジットカードの支払い方法は複数ありますが、それぞれのクレジットカード会社によって変わります。ここでは、どんな支払い方法があるか見てみましょう。

  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • リボルビング払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス二括払い
  • マイ・ペイすリボ

    三井住友Visaカードのクレジットカードは、沢山使ってしまった月でも月5,000円のみの支払いで済ますことが出来る、「マイ・ペイすリボ」に登録することが出来ます。利用金額の上限は100,000円で、月5,000円の支払いから申し込むことが出来るサービスです。少し奮発してかなりの金額を使ってしまった月も、事前に「マイ・ペイすリボ」に登録していれば、請求書に無く心配はありません。

  • あとからリボ

    三井住友Visaカードのクレジットカードは、沢山使ってしまった月も「あとからリボ」を選択することが出来るので安心です。「あとからリボ」を選択していただければ、インターネットで利用明細(WEB明細)を見ながらお支払い予定分のすべての金額でも、払いたい好きな分の金額だけでも変更でるので、便利です。

三井住友Visaクラシックカード(学生)の年会費

本会員

初年度
在学期間中は無料
二年目以降
在学期間中は無料

三井住友Visaクラシックカード(学生)の関連カードについて

三井住友Visaのクレジットカードには、他のクレジットカードと同様、家族カードとETCカードを同時に入会することが可能です。但し、このクレジットカードは学生用のクレジットカードなので、家族カードを利用することは出来ません。その他の発行可能なカードとして、中国に行く際に便利な銀聯カード(ぎんれんかーど)を発行できるのも強みの一つです。無料のものも存在しますが、基本的にこれらの関連カードは有料なので、クレジットカード入会の際には注意しましょう。

  • ETCカード

    三井住友Visaカードのクレジットカードは、ETCカードを申し込むことが出来ます。初年度の年会費は無料で、更に次年度の年会費も1度でもETCカードの利用がある場合は無料になります。使用していなければ年会費500円かかってしまいますが、利用していれば年会費がかかることはありません。

    • ETCマイレージサービスにで、ポイントゲット!

      ETCマイレージサービスに登録すれば、ETCカードの利用実績に応じてポイントをプレゼントされます。ETCカードを沢山利用している方であればお得なプログラムです。

    • ETCカードは走行する時間帯によって高速道路の通行料金が割引になります。

      通常のお支払いであれば、走行する距離に応じて通行料金を支払わなければなりませんが、ETCカードを利用していれば、走行する時間帯に応じて高速道路の通行料金が割引になります。割引情報は、ETC総合情報ポータルサイトにて案内されているので、確認してみてください。

    • ETCカードの利用枠

      ETCカードの利用上限枠は、契約した三井住友Visaカードのクレジットカードの利用上限と連動しています。

  • 三井住友カードWAON

    イオングループの電子マネー「WAON」と三井住友Visaカードが提携している追加カードです。通常のWAONのポイントシステムに加えて、三井住友Visaカード側のクレジットカードからのオートチャージ・クレジットチャージ機能が付帯しています。三井住友Visaカードを利用している方で、イオングループをよく利用される方であれば申請しておきたい追加カードの一つです。

    • お買物のたびにポイントがたまります。

      この三井住友カードWAONで200円(消費税等含む)の購入ごとに1WAONポイント(1円相当)がプレゼントされます。

    • イオンお客さま感謝デーは、5%OFFになります。

      毎月20日・30日のお客さま感謝デーは、この三井住友カードWAONでお支払いいただくと5%OFFになります。

    • イオンお客さまわくわくデーは、WAONポイントが2倍になります。

      毎月5日・15日・25日のお客さまわくわくデーはこの三井住友カードWAONでお支払いいただくとWAONポイントが2倍になります。

    • クレジットチャージ・オートチャージが可能なので、便利です。

      クレジットチャージとは、ご指定いただいた三井住友Visaカードのクレジットカードからのチャージすることが出来るサービスです。オートチャージとは、お買物の際、お支払い後の三井住友カードのWAON残高が設定金額未満になると自動的にWAONがチャージされるように設定することが出来るサービスです。

      但しここでチャージした分は、ワールドプレゼントポイントのポイントプレゼントの対象にはならないので注意です。

    • ワールドプレゼントポイントをWAONに交換することが出来ます。

      三井住友Visaカードのクレジットカードを利用して貯まったワールドプレゼントポイントを、この三井住友カードWAONの「WAONポイント」に交換することが可能です。ワールドプレゼントポイントを1ポイントにつき、5WAONポイントに移行することが出来るので、還元率も低下せず、とても良いポイント移行サービスです。

  • 三井住友カード iD

    「iD」とは、かざして支払いが出来るチャージいらずの電子マネーのことです。三井住友カードのクレジットカードに入会している方は、三井住友カードの「iD」の「三井住友カードiD」に申し込むことが出来ます。財布の中に入れたまま決済をすることが出来る専用カード型と、クレジットカードに付帯させる「クレジットカード一体型」と、ドコモの携帯機能である「おサイフケータイ」から「iD」を利用することが出来る「携帯型」の3つのタイプから選んで申し込むことが可能です。

    • 専用カード

      「三井住友カードiD(専用カード)」は、「iD」での支払い専用のカードタイプです。いつも持ち歩く「お財布」「定期入れ」に入れたままでも便利に使うことが出来ます。

    • クレジットカード一体型

      通常のクレジットカードに「iD」機能をもたせたのがクレジットカード一体型です。クレジットカード1枚で、今まで通りVisaカードやMasterCardとしてお店でショッピングが利用できるのはもちろん、これまでクレジットカードでは利用することが出来なかった、コンビニや自動販売機、タクシーなどでも「iD」として利用することが可能になります。

    • 携帯型

      三井住友カード(Visaカード/MasterCard)をお持ちの方なら、「iD」をドコモの「おサイフケータイ®」対応機器で利用することが可能です。おサイフケータイの「iD」を利用して支払った代金は、指定した三井住友カードご利用分に合わせて支払う形になります。

  • 銀聯カード

    中国に旅行に行ったり、在学中の学生で短期留学・長期留学を考えている方でも三井住友カードなら中国で幅広く利用されている銀聯カードを発行することが可能なので安心です。銀聯カードとは、中国で幅広く利用することが出来るショッピング専用のクレジットカードで、中国国内の加盟店は都市部・地方都市もカバーしているブランドです。VisaやMasterよりも中国では有名な国際ブランドです。

  • PiTaPa(ピタパ)カード

    PiTaPaカードとは、主に、関西圏の、電車・バス・飲食・ショッピングなどの支払いで使用することが出来る、ポストペイ(後払い)方式のカードです。 さらに、全国相互利用サービス対象エリアでもご利用になれます。

  • バーチャルカード

    三井住友カードのクレジットカードに入会している方であれば、バーチャルカードを申し込むことが可能です。バーチャルカードとは磁気やICカードではない、会員番号やインターネットで利用するときに必要最低限の情報が記載されているクレジットカードです。Visaのマークがあるインターネット通信販売加盟店(国内・海外)、インターネットサービスプロバイダー利用料金の支払いの際に利用することができます。

  • 三井住友カードVisa payWave

    三井住友カードが運営している、「iD」と同じ「おサイフケータイ」で利用することが出来る電子マネーです。Visa payWaveマークが付いている店舗であれば、国内でも海外でもキャッシュで利用することが出来て、更にワールドプレゼントポイントが貯まります。

  • JR東海プラスEXサービス

    プラスEXサービスとは、お手持ちの三井住友カードのクレジットカードに”プラス”して利用できる、東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約&チケットレスサービスです。新幹線切符を購入する際に、長い列に並んで支払いをしなくても、インターネット予約をしてこのプラスEXサービスのプラスEXカードを利用すれば待ち時間ゼロで新幹線の改札を通ることが可能になります。予約は無料で、更に新幹線の変更も無料で行うことが出来るので新幹線を利用している方であれば是非とも検討してみましょう。

三井住友Visaクラシックカード(学生)のお得なオリジナル特典

  • 「マイ・ペイすリボ」登録で年会費割引

    「マイ・ペイすリボ」登録をすると、クレジットカードを利用した際のポイント付与が2倍になる他、年会費が割引になります。クレジットカードのグレードによっては年会費が完全に無料になるので、三井住友Visaカードは「マイ・ペイすリボ」を上手く活用することで還元率を上げて、かつ年会費も安く抑えることが出来るクレジットカードに変貌させることが可能です。三井住友Visaカードが「マイ・ペイすリボ」登録をすることによって特典を受けることが出来る反面、一般的なJCBカード等はリボ払いにしてもこういった特典を受けることが出来ないので、この点ではJCBカードよりも三井住友Visaカードに旗が上がります。

  • 年会費割引

    年会費割引制度とは、前の年度(2月~翌年1月)にクレジットカードで支払ったお買物の合計金額によって、次年度の年会費が割引が適応されます。100万円はすべての支払をクレジットカードで行えば十分届く金額なので、年会費25%〜半額は狙って行けます。

  • Web明細書サービスで年会費割引

    三井住友カードは、明細書を送付ではなくネットサービスであるVpassで済ます事で年会費を最大10,000円抑えることが出来ます。三井住友カードは、Vpassでクレジットカードを利用して貯まったワールドプレゼントポイントを確認することが出来ます。Vpassでは、ポイントの残高はもちろん、ポイントの有効期限まで確認することが出来るので、お手軽です。

  • 三井住友Visaプライムゴールドカードへのお取替え(学生カード、デビュープラス限定)

    三井住友カードの学生・デビュープラスカードは、有効期限(5年)が到来する初回のカード更新時に、審査会社からの審査のうえ自動的にイニシャルカードから「三井住友Visaプライムゴールドカード」にお切り替えとなります。学生の方は、学生カードで慣れた後の学校卒業後の初回のカード更新時に切り替えが行われます。サービス面が充実したゴールドカードへの変更が自動的に行われる上、「マイ・ペイすリボ」を利用すれば年会費も通常は5,000円(税抜き)かかるところを約1,000円まで下げることが可能なので、半額以下でクレジットカードを所持することが出来るので、メリット満載です。

クレジットカード提携会社のお得なオリジナル特典

三井住友Visaクラシックカード(学生)は共に提携して発行している会社がいないので、提携会社のお得なオリジナル特典はありません。

三井住友Visaクラシックカード(学生)の海外旅行保険などの付帯保険

海外旅行保険

傷害治療
-
携帯品傷害
-
死亡・後遺症障害
-
家族特約(傷害死亡・後遺障害)
-
疾病治療
-
賠償責任
-
救援者費用
-
その他(自動付帯等)
-

国内旅行保険

国内航空傷害保険
-
その他
-

その他保険

ショッピング保険
年間100万円(免責1事故3千円、国内はリボ払いまたは分割払い(3回以上)、海外は全般)

三井住友Visaクラシックカード(学生)が学生におすすめの理由

三井住友Visaクラシックカードは、三井住友Visaカードの中でも最も標準的なクレジットカードとお伝えしました。三井住友Visaクラシックカード(学生)はそんな三井住友Visaクラシックカードの内容をそのままコピーして、しかも学生の在学期間中は年会費が無料になったクレジットカードです。通常なら年会費がかかる三井住友Visaクラシックカードの内容が年会費無料で得ることが出来てしまうので、三井住友Visaクラシックカードを検討していた方で在学中の学生の方であればこちらの学生用のクレジットカードを申請するようにしましょう。ポイント等で特色が大きく出る他のクレジットカードと違い、様々なサービスをまんべんなくカバーしているので、初めての方におすすめのクレジットカードと言えます。在学中のが大学生や、専門学生は、高校を卒業して初めてクレジットカードを持つ方が多いので、ポイント等で特殊なクレジットカードを選択するよりもこのクレジットカードを選択した方が1枚目としてはおすすめかもしれません。クレジットカードは1枚発行して終わりでは決して無いので、このクレジットカードで慣れたら他のおすすめのクレジットカードも見てみるようにしましょう。

三井住友Visaクラシックカード(学生)の類似クレジットカードについて

三井住友Visaクラシックカード(学生)のクレジットカードと似たクレジットカードには、下記のようなクレジットカードがあります

三井住友Visaカード一覧

学生向けクレジットカードが存在する三井住友Visaカード

  • 三井住友Visaデビュープラスカード(学生)
  • 三井住友Visaクラシックカード(学生)
  • 三井住友VisaクラシックカードA(学生)
  • 三井住友Visaアミティエカード(学生)
Topへ戻る