オリコカードは学生におすすめのクレジットカードなのか!?

オリコカードは、オリコ(Orico)カードの発行しているクレジットカードで、オリコカードが発行するプロパーカードの一つです。ここではオリコカードが学生におすすめなのかを紹介していきます。

オリコカードのクレジットカード概要

オリコカードは、オリコのクレジットカードです。提携会社は、無く、オリコのプロパーカードの一つです。また、オリコカードの特徴としてクレジットカードをを利用することで貯まるポイントがありますが、オリコカードはポイントが通常の2倍貯まるクレジットカードです。基本的な機能としては「iB(iD×QUICPay)」とサービス面まで殆ど同じですが、年会費は次年度から1,250円かかるという点と、国際ブランドでMasterCard(マスターカード)が選択できるという点が違います。この2点以外では付帯保険の保障金額まで変わらないので、MasterCardやカードフェイスに思い入れが無い限りはiB(iD×QUICPay)を選択することをおすすめします。

オリコカードのポイントの貯め方

オリコカードはポイントが貯まるクレジットカードです。ここでは、オリコのクレジットカードでポイントがどう貯まるかを見ていきます。

  • オリコのポイントプログラム「暮らスマイル」

    オリコのクレジットカードには、クレジットカード決済を利用することで貯まるポイントプログラムと、オリコの運営しているオリコモールで貯まるポイントプログラムの2種類が存在します。クレジットカードの利用で貯まるポイントは、「暮らスマイル」という名前が付いているポイントプログラムで、「スマイル」と呼ばれるポイントが貯まります。通常の状態では、このクレジットカード機能を1,000円利用する毎に、1スマイル貯まります。

  • ショッピングでもフライトでもどんな時でも1,000円毎に1ポイント!

    オリコのクレジットカードは、どんな時でもポイントが貯まります。店頭のショッピングでも、Amazonや楽天などのインターネットのショッピングモールでも、航空券を購入する際でもオリコのクレジットカードを1,000円利用する毎に1ポイント(スマイル)貯まります。

  • 光熱費などの月々の支払いでもポイントが貯まる

    オリコのクレジットカードは、光熱費や公共料金などのお支払いにも使用することが出来ます。クレジットカードを利用して支払った分の金額は、もちろんオリコの暮らスマイルプログラムの加算対象ですので、支払った金額分のポイント(スマイル)が貯まります。全ての公共料金をオリコのクレジットカードで支払うように設定すると、加算倍率の上がる「クラステージ」のランクを上げることが出来るので、よりポイントを貯めることが出来るクレジットカードに早変わりです。

  • コンビニでの買い物でも電子マネーを利用してポイントが貯まる

    コンビニでクレジットカードを出すのは手間ですよね。でもオリコのクレジットカードは電子マネーが付帯しているものが多いので、店員にクレジットカードを渡すこと無く簡単に支払いを完結させることが可能です。使用することが出来る電子マネーは、「iD」と、「QUICPay」など、どこのコンビニでも利用することが出来るような電子マネーが付帯しているので、どんどん使用していきましょう。

  • 食事代や飲み会代でもポイントが貯まる!

    飲み会の幹事でも、普通の食事でもオリコのクレジットカードを利用してポイントを貯めて行きましょう。全員分の飲み会代やお食事代を支払うと、より多くのポイントを貯めることが出来ます。

  • ポイントの加算倍率が上がるオリコの「クラステージ」プログラム

    オリコのクレジットカードは、使えば使うほどポイントが貯まる「クラステージ」プログラムが用意されています。前年度のクレジットカードの合計利用額に応じて、翌年度のポイントの加算率が変わります。「クラステージ」は4種類存在します

    • ノーマルステージ

      年間のクレジットカード利用額が50万円未満の方が翌年度はノーマルステージになります。ノーマルステージは特にポイントの加算倍率は1倍で、特に何かが増えるわけではありません。年間の利用額が50万円以上になると、ステージが変わり、加算倍率が少し上がります。

    • ステージ50

      年間のクレジットカード利用額が50万円以上の方が翌年度このステージになります。ステージ50の方は、通常のポイント加算に加えて、更に50%のポイントが加算されるようになります。つまり、通常と比べて1.5倍のポイントが通常のクレジットカード利用で貰えるようになります。更にクレジットカードを利用して、年間のクレジットカード利用額が100万以上になると次のステージになります。ただし、次年度の年間のクレジットカード利用額が50万円未満になってしまうとノーマルステージに戻ってしまうので注意が必要です。

    • ステージ100

      年間のクレジットカード利用額が100万円以上の方が翌年度このステージになります。ステージ100の方は、通常のポイント加算に加えて、更に70%のポイントが加算されるようになります。つまり、通常と比べて1.7倍のポイントが通常のクレジットカード利用で貰えるようになります。更にクレジットカードを利用して、年間のクレジットカード利用額が200万以上になると次のステージになります。ただし、次年度の年間のクレジットカード利用額が100万円未満になってしまったり、50万円未満になってしまうとノーマルステージやステージ50に戻ってしまうので注意が必要です。

    • ステージ200

      年間のクレジットカード利用額が200万円以上の方が翌年度このステージになります。ステージ200の方は、通常のポイント加算に加えて、更に100%のポイントが加算されるようになります。つまり、通常と比べて2.0倍のポイントが通常のクレジットカード利用で貰えるようになります。ノーマルステージと比べても遥かに高い還元率になります。他のクラステージと同じく、次年度の年間のクレジットカード利用額が200万円未満になってしまったり、100万円、50万円未満になってしまうとノーマルステージやステージ50に戻ってしまうので注意が必要です。

  • 家族カードやETCカードも合算してポイント計算されます!

    オリコのクレジットカードは、家族カードやETCカードを追加カードとして申し込みすることが出来ますが、この時家族カードやETCカードで利用した金額分も本人会員のクレジットカードの請求書に合算して計算されます。同時に、利用した際に貯まるはずのポイントも全て合算されて本人会員にたまるので、ポイントを余すこと無く利用する事が出来ます。家族カードやETCカードで利用した金額は、年間のクレジットカード利用額によって次年度のポイント加算倍率が変わるクラステージの集計対象になので、家族でオリコのクレジットカードを利用すれば、より早く高いランクのクラステージになることが出来、更にポイントもより貯まるようになります。

  • 複数のオリコのクレジットカードも持っていても、ポイントを合算させることが可能です。

    オリコカードが他のクレジットカードと明確に違うのは、オリコの発行しているクレジットカードを複数持っていた場合でも、ポイントを一つにまとめることが可能な点です。なので、それぞれのオリコのクレジットカードの良さを活かして、それぞれでポイントを貯めて最後に全て合わせるという技を利用することが可能です。オリコカードには年会費が無料のクレジットカードが沢山あるので、是非ともオリコカードを契約する際には複数枚のクレジットカードを契約して上手く使っていきましょう。

貯まったポイントのおすすめ利用

オリコのクレジットカードはポイントが貯まるクレジットカードです。ここでは、オリコのクレジットカードで貯めたポイントの利用方法を見ていきます

  • eオリコサービスを利用してカタログの商品と交換!

    オリコのクレジットカードを利用して貯めたポイントは、オリコの運営しているeオリコサービスの用意しているカタログの商品に交換することが出来ます。オリコのクレジットカードを利用して貯めたポイント(スマイル)を直接商品と交換することも出来ますし、一度貯めたポイント(スマイル)をオリコポイントに交換してから他の商品に交換することも可能です。オリコポイントに交換すれば、その他のポイントやマイルに交換することも可能になります。

  • 様々なポイントに移行することが可能です。

    オリコのクレジットカードを利用して貯めたポイント(スマイル)は、AppleのiTunesで利用することが出来るiTunesギフトコードや、LINEのスタンプを購入する際に使用するLINEのポイントに交換することが出来るLINEギフトコードに交換することが可能です。後述するAmazonギフト券や、楽天スーパーポイント等にも交換することが出来るので、ポイントの使い道に困りません。これらの他のポイントに交換するためには、まずオリコのクレジットカードを利用して貯めたポイント(スマイル)をオリコポイントに交換します。還元レートは、1ポイント(スマイル)を5オリコポイントです。オリコポイントに交換したら、オリコモールで他のポイントに交換することが可能になります。

  • ポイントを他のポイントと交換する

    オリコのクレジットカードで貯めたポイントは、ANAのマイル以外にもその他の国内で使用されているポイントに交換することが可能です。交換可能なポイントは、Yahoo! Japanで利用されているTポイントや、楽天で利用されている楽天スーパーポイントに交換することが可能です。楽天やYahoo! Japanで利用することが出来るポイントに交換することが出来れば、様々な商品にポイントを利用することが出来るので、ポイントの使い道に困りません。

  • マイルへ移行することも可能です!

    オリコのクレジットカードで貯めたポイント(スマイル)は、提携している航空会社のマイルに交換することも可能です。1マイル2円で計算すると、通常状態で還元率はそのままの還元率なのでその他のギフトクーポン等と交換するよりもお得です。

  • 楽天スーパーポイントや、Tポイントに交換することも可能です!

    オリコのクレジットカードを利用して貯めたポイントは、楽天スーパーポイントや、Tポイントへ交換することが可能です。楽天スーパーポイントや、Tポイントは多数の加盟店で利用することが出来るポイントなので、ポイントの利用方法に困りません。但し、還元率は低めなので、あまりいい選択肢ではありません。

オリコカードの支払い方法

オリコのクレジットカードの支払い方法は複数あります。

  • 1回払い

    オリコのクレジットカードの通常の支払い方法のうち一つです。毎月27日締めで、翌月に指定している銀行口座から引き落としがあります。1回払いを指定していて、後からリボ払い等に変更したい場合は、オリコの支払いサービスの「あとリボ」を利用することで、月々の支払いを低減することが可能です。

  • 分割払い

    オリコのクレジットカードは、分割払いも指定することが可能です。分割払いの場合は、手数料はかかってしまいますが支払い回数を、2、3、6、10、12、15、18、20、24の9種類から選ぶ事が可能です。分割払いの場合は、2回払までは手数料等が無料で利用することが出来ます。

  • リボルビング払い

    オリコのクレジットカードも、リボルビング払いを選択することが可能です。リボルビング払いはオリコに限らず総じて手数料が高いので、あまりおすすめの支払い方法ではありません。リボルビング払い専用のクレジットカードもありますが、こちらは上限を50万等に設定しておくことで、通常のクレジットカード同様に利用することが可能なので、手数料がかからないので心配する必要はありません。

  • マイ・ペイすリボ(Visa/MasterCard専用リボルビング払い)

    支払い方法を一度選択してから、後からリボ払い等に変更したい場合に「あとリボ」で設定することが可能です。クレジットカードで沢山買い物してしまった月も、「あとリボ」を利用すれば翌月の支払い金額を低減させることが出来るので安心です。なお、利率は高めなので、なるべく一括か2回の分割払い、ボーナス払いを選択しましょう。

  • ボーナス一括払い/ボーナス二括払い

    「ボーナス一括払い・二括払い」とは、夏と冬のボーナスを利用して一括・二括で支払うようにすることが出来る支払い方法です。クレジットカードはついつい沢山使ってしまいがちですが、ボーナスを利用することで月々の支払を低減させることが可能です。ちなみにボーナス支払いを選択した場合も、分割と違って手数料がかからないのでおすすめです。

オリコカードの年会費

本会員

初年度
無料
二年目以降
1,250円(税抜き)

家族

初年度
無料
二年目以降
無料

オリコカードの関連カードについて

オリコのクレジットカードには、他のクレジットカードと同様、家族カードとETCカードを同時に入会することが可能です。基本的にこれらの関連カードは無料なので、申請と同時にこちらの関連カードも申請することもおすすめです。

  • 家族カード

    オリコは、クレジットカード入会者の家族が利用することが出来るクレジットカード、「家族カード」を発行することが出来ます。年会費は基本無料で、クレジットカードに入会した本人と全く同等のサービスを受けることが出来るので、家族連れの方には代表者が通常のクレジットカードを入会して、家族の方は別のクレジットカードを利用するのではなく同じく家族カードを発行して利用していく事がおすすめです。オリコのクレジットカードを利用して貯まるポイント(スマイル)も、合算して計算されるので、ポイントを貯めている方は、家族カードを家族に利用してもらうことでより早く、沢山のポイントを貯めることが可能です。

    • 本会員と同じサービスを受けることが出来ます。

      オリコの発行する家族カードは、申し込みをした本体のクレジットカードのサービス内容をそのまま家族カードでも受けることが出来るようになっています。なので、例えばアメリカン・エキスプレスのゴールドカードを利用している方が家族カードを申し込んだ際には、家族カードもゴールドカードのサービスを受けることが出来ます。年会費は無料なので、オリコの手厚いサービスを無料で受けることが出来ると考えるとお得です。

    • 家族カードは支払口座が同じで、ポイント(スマイル)も合算することが出来ます。

      オリコの家族カードの支払口座は、入会しているクレジットカードの支払口座と揃えることが可能です。更に、入会している本体のクレジットカードを利用して貯まったポイント(スマイル)と、家族カードを利用して貯まったポイント(スマイル)を合算することが出来るので、2枚のクレジットカードで同時にポイント(スマイル)をためていくことが出来てお得です。

    • 家族カードの利用枠

      家族カードの利用上限枠は、契約したオリコのクレジットカードの利用上限と連動しています。

  • ETCカード

    オリコのクレジットカードは、ETCカードを申し込むことが出来ます。こちらもなんと年会費は無料。オリコカードは車を利用している方にはもってこいのクレジットカードです。発行できるETCカードの枚数は個人の方は入会したクレジットカード1枚につき1枚と限られているので、その点は注意です。

    • ETCカードは走行する時間帯によって高速道路の通行料金が割引になります。

      通常のお支払いであれば、走行する距離に応じて通行料金を支払わなければなりませんが、ETCカードを利用していれば、走行する時間帯に応じて高速道路の通行料金が割引になります。割引情報は、ETC総合情報ポータルサイトにて案内されているので、確認してみてください。

    • ETCカードの利用枠

      ETCカードの利用上限枠は、契約したオリコのクレジットカードの利用上限と連動しています。

クレジットカード提携会社のお得なオリジナル特典

オリコカードは共に提携して発行している会社がいないので、提携会社のお得なオリジナル特典はありません。

オリコカードの海外旅行保険などの付帯保険

海外旅行保険

傷害治療
最高200万円(税込み)
携帯品傷害
最高20万円(免責1事故3千円)(税込み)
死亡・後遺症障害
最高2,000万円(税込み)
家族特約(傷害死亡・後遺障害)
-
疾病治療
最高200万円(税込み)
賠償責任
最高2,000万円(税込み)
救援者費用
最高200万円(税込み)
その他(自動付帯等)
-

国内旅行保険

国内航空傷害保険
最高1,000万円(税込み)
その他
-

その他保険

ショッピング保険
-

オリコカードが学生におすすめの理由

オリコカードは、下記2点がiB(iD×QUICPay)と違います。

  • 年会費が2年目から1,250円かかってしまう
  • 国際ブランドでMasterCardが選択できる

この2点以外では「iB(iD×QUICPay)」とサービス面まで同じなので、クレジットカードプロではこのクレジットカードを申し込むよりもiB(iD×QUICPay)を申し込む方を学生におすすめします。MasterCardが利用できる場所はVisaも利用できる事が殆どなので、「のカードフェイスが黒いのが気に入らない」くらいの理由がなければiB(iD×QUICPay)の方がお得です。

オリコカードの類似クレジットカードについて

オリコカードと似たクレジットカードには、下記のようなクレジットカードがあります

オリコカード一覧

  • Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
  • Orico Mobile Visa payWave
  • OricoCard Visa payWave(オリコカード ビザ ペイウェーブ)
  • OricoCard PayPass(オリコカード ペイパス)
  • iB(iD×QUICPay)(アイビー アイディ クイックペイ)
  • Orico Card iD×QUICPay(オリコカード アイディ クイックペイ)
  • UPty iS(iD×QUICPay)(アプティ アイエス アイディクイックペイ)
  • JEWEL-G iD/JEWEL-G QUICPay(ジュエル ジーアイディ/ジュエル ジークイックペイ)
  • UPty iMIRROR(アプティ アイミラー)
  • UPty iSPARK(アプティ アイスパーク)
  • UPty PayPass(アプティ ペイパス)
  • UPty iD iLIVE/UPty iD iLIVE Hybrid(アプティ アイディ アイライブ/アプティ アイディ アイライブ ハイブリッド)
  • Rosetta(ロゼッタ)
  • Orihime(オリヒメ)
  • UPty iD Sweet(アプティ アイディ スウィート)
  • iROSE(アイローズ)
  • UPty iNOIR(アプティ アイノワール)
  • QUICPay Code(クイックペイ コード)
  • UPty QUICPay Speedy(アプティ クイックペイ スピーディー)
  • LOVE THE EARTH(ラブジアース)
  • UPty iD TUNE(アプティ アイディ チューン)
  • iD Ultimate(アイディ アルティメット)
  • Orico Virtual Card(オリコ バーチャルカード)
  • Premium Gold iD×QUICPay(プレミアムゴールド アイディクイックペイ)
  • Premium Gold iD(プレミアム ゴールド アイディ)
  • Premium Gold Insurance(プレミアムゴールド インシュランス)
  • Gold UPty(ゴールド アプティ)
  • The Gold
  • Orico Card THE WORLD(オリコカード ザ ワールド)
  • i Gold
  • Premium Gold iD×QUICPay(プレミアムゴールド アイディクイックペイ)
  • Premium Gold iD(プレミアム ゴールド アイディ)
  • Premium Gold Insurance(プレミアムゴールド インシュランス)
  • オリコカード
  • UPty(アプティ)
  • ドライバーズアシストUPty(アプティ)
  • ライダーズアシストUPty(アプティ)
Topへ戻る