クレジットカードの締め日・支払日

クレジットカードには、締め日が存在します。クレジットカードはカード会社が先に支払い、会員が後から支払いを行うのですが、この時クレジットカード会員はカード会社に建て替えて貰った分を1ヶ月毎に支払っていきます。

締め日とは、1ヶ月毎のカード会社の支払い建て替えの区切りの日の事をいいます。

支払日とは、締め日から締め日までの一定期間中に支払いった金額を支払う日の事です。

締め日について

締め日の仕組み

クレジットカードとは、カード会社にその場の現金の支払いを建て替えてもらって、後から立替分を支払ってもらう事が出来るカードの事です。クレジットカードの支払いは毎月1回行われるので、クレジットカードの締め日は年12回存在します。

前の締め日から次のクレジットカードの締め日までに、カード会社にクレジットカードの利用情報が届いた分がその間の合計利用金額となります。

締め日の注意事項

  • 締め日は支払日ではありません

    クレジットカードの締め日は支払日ではありません。締め日が次回支払日に支払わないといけない金額の確定日で、支払日は締め日から約1か月後に設定されている場合が殆どです。

  • 次回支払いに繰り越される場合があります

    締め日間際で決済を行ったものや、海外でのお支払いの場合は、クレジットカード会社で利用情報が遅れて届けられれ、事務処理が遅れる場合があります。事務処理が遅れた支払い分については、次回の支払いにもちこされますので注意が必要です。

    • ETCカード利用分
    • 海外での利用分
    • 定期購読
    • 公共料金の支払い

    特にこれらに関しては注意して下さい。

  • クレジットカード会社によって、締め日が異なります

    利用しているクレジットカードによって、締め日が異なるので、複数のクレジットカードを利用している場合は、支払日、締め日共にずれて請求される可能性があるので注意が必要です。

締め日の確認方法

クレジットカードの締め日は、基本的にそれぞれのクレジットカード会社の公式ホームページに掲載されています。クレジットカードプロが独自に調べた後述してある締め日と支払日の情報を確認するか、公式ホームページで確認をしましょう。

支払日について

支払日の仕組み

クレジットカードの締め日によって決定された利用料の合計金額を支払う日が、クレジットカードの支払日です。

支払日もクレジットカードの締め日と同じく月に1度、年に12回存在します。

支払日の注意事項

  • 先月分の利用料が含まれる可能性があります

    先月分の利用情報が先月の締め日までにクレジットカード会社に届かなかった場合は、その分のクレジットカードの利用料金も届く可能性があります。

    その場合、予定していた金額よりも高額になる場合が出てきます。十分に注意しましょう。

  • クレジットカードによって支払日が異なります。

    クレジットカード会社によって締め日が異なるのと同じように、クレジットカードの支払日に関しても同じことが言えます。クレジットカードを複数所持していて、利用している場合は、支払日がずれるので注意しましょう。

  • 引き落とし設定をしている銀行の残高確認をしましょう

    支払日には、引き落とし設定を行っている銀行から引き落としが行われます。引き落としされる金額以上の残高を必ず持っておくようにしましょう。

    残高が不十分な場合は、最悪の場合クレジットカードを強制利用停止・解約される可能性があるので、十分注意しましょう。

  • 引き落とし日が金融機関の営業日でない場合

    引き落とし日が休日または祝日の場合、休日・祝日明けの次の日が支払日になります。

    仮に27日が日曜日だったとすると、支払日は休日が明ける28日の月曜日になります。28日の月曜日が祝日だった場合、29日が支払日になります。

  • ショッピングとキャッシングで締め日が異なる場合があります

    ショッピングでのクレジットカード利用と、キャッシングでのクレジットカード利用で締め日が異なる場合があります。支払日は固定されている場合が殆どですが、締め日が異なる場合があるので注意しましょう。

支払日の確認方法

クレジットカードの支払日は、公式ホームページに必ず掲載されています。クレジットカードプロが独自に調べた下記の支払日以外にも、必ず公式のホームページを確認するようにしてください。

各クレジットカード会社の締め日、支払日

Topへ戻る